横山緑といえば、
自称ニコ生最後の砦である、
いんたーねっとこめでいあんであるが、
そんな横山緑が、
BANされたことは、
暗黒リスナーならば周知の事実であろう。

現在は、
チャンネルで放送は出来るものの、
新規入会は禁止されている状態である。

なぜ、
横山緑は運営からBANされてしまったのか。

その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

映してはいけないものを映したから

まず初めに、
映してはいけないものを映してしまったから

当たり前の話であるが、
生放送をする以上、
人々が不快になるものを映してしまうと、
BANになる。

というか、
ハッキリ言って、
BANの原因になった動画は、
むちゃくちゃ不快だったゾ。

あの動画のせいで、
私はペットボトルでお茶を飲めなくなったんだから、
BANは当然の処置である。

よっさんと絡んだから

次に、
よっさんと絡んだから

よっさんは、
ニコ生にとって、
存在自体がBANである。

だから、
よっさんと一緒に何かをすれば、
BANされる確率は非常に高くなる。

当たり前の話である。

運営は暗黒界隈を排除しようとしているから

最後に、
運営が暗黒界隈を嫌っているから

ドワンゴがKADOKAWAと経営統合したことにより、
ニコ生自体が、
クリーン化しようとしている。

クリーン化しようとした場合、
暗黒界隈など、
まさにニコ生にとって、
黒歴史でしかなく、
運営としては、
一刻も早く、
暗黒界隈の親玉である、
横山緑をBANしたいと思うだろう。

当然の話である。

終わりに

ある意味、
今まで悪行を続けてきた、
横山緑にようやく鉄槌が下った形になるが、
(横山緑は今回で17回目のBAN)
入会禁止はいつまでの措置になるのだろうか。

ニコ生主として、
曲がりなりにも、
ニコ生を引っ張てきた横山緑を、
ニコ生が失うと、
それなりに痛手になるとは思うのだが、
どうなのだろうか。

しかしながら、
横山緑並びに暗黒界隈は、
ニコ生にとっては、
癌でしかない存在なので、
難しい部分でもある。

結論、
運営の目線に立てば、

今回のBANは当然の措置。