営業ではとにかく最初の1件を出すことに全精力を出すことが需要ということについて、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

最初の1件の重要性

営業の仕事は辛い。

一度でも、
営業の仕事に就かれたことがある人はわかると思うが、
営業はほとんどの客に、
断られる。

更に、
初めて営業をしたような人だと、
こんなことをしていて意味があるのか、
と思うような場面に何度も出くわすだろう。

実際の話、
商品さえよければ、
(営業で取り扱うような商品は、
みな知名度があり、
売れる商品だが。)
後は営業マンにさえ力があれば、
絶対に売れるのだけど、
特に営業になりたての時は、
全く売れる気配が無いのが現実だろう。

それどころか、
客とロクに会話出来なかったり、
何を客と話せばいいのかわからないことも多いと思う。

まあ、
それも当たり前の話で、
そもそも全然知らない人と会話するのには、
ある程度のコミュニケーション能力が必要なわけだし、
それなりに商品に対する理解や知識が無ければ、
商品の説明をすることなんて、
絶対にできないからである。
(ましてや、
基本、商品に関心の無い客に売ることなんて、
至難の業。)

だからこそ、
ラッキーパンチでもなんでもいいので、
最初の1件をあげることが重要になってくる。

1件あげればすべてがが変わる

ほとんどの営業は、
最初はアポ取りから始まると思うが、
とにかくアポでもなんでもいいので、
最初の1件はどんな形でもいいので、
売り上げをあげることである。

この1件が出ないと、
いくらやっても無駄なんじゃないかと思うようになり、
モチベーションも下がり、
徐々にやる気を失ってしまう

逆にどんな形でもいいので、
最初の1件さえ上げてしまえば、
モチベーションも上がり、
コツも掴めるようになり、
徐々に徐々に営業に対して、
前向きな気持ちになれるだろう。

とにかく、
最初の1件をあげることに、
全精力を尽くす。

最初の1件をあげるために

では、
どうすれば最初の1件を上げれるのかというと、
最低限度のコミュニケーション能力があることが前提になるのだけど、
とにかく、
ガムシャラに、
多少あくどい手を使っても構わないので、
全力で1件を取りにいくべきだ。

アポ取りならば、
多少強引にでもいいので、
無理やりに先輩などにつなげる。

多少、
ウソをついてもいいので、
無理やりにクローザーにつなげる、
などである。
(ウソをついてアポなどを取った場合は、
後に訪問してくれる先輩に、
ウソをついたことを伝えた方がいいが。)

というか、
営業なんて、
ハッキリ言ってウソはダメだが、
(法律にひっかかり問題になるため。)
グレーな手法なんて、
どんな営業マンでも使っているし、
逆に成果を上げるためには、
どれだけギリギリなグレーなところを攻めれるかにかかっているといっても、
過言ではない。
(事実、成績がいい営業マンほど、
グレーな売り上げの上げ方をしていたり、
強引な手法で売り上げをあげている。)

勿論、
客のためというのは重要なのだけど、
客のためというならば、
その商品を売らないことが一番客のためになることが多いので、
営業の仕事は、
客のためではなく、
商品を売るために存在していると思って取り掛かった方がいいだろう。
(最初は、
この考え方を身に着けるのは難しいと思うが。)

終わりに

とにかく、
営業の仕事を続けるためにも、
モチベーションを維持するためにも、
最初の1件をあげることは無茶苦茶重要

逆に、
最初の1件さえ、
早い段階であげることが出来れば、
そのあとの営業生活もうまくいくことが多い。

逆に、
最初の1件をあげることが出来なければ、
営業の仕事を続けること自体が、
難しくなってくるだろう。

ブラックな手法でも、
グレーな手法でもなんでもいいので、
とにかく最初の1件を、
いかに早くあげることが出来るかが、
後のあなたの営業生活に深く関わってくる