営業でモチベーションを維持する方法について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

なぜモチベーションが続かないのか

あなたがベテランの営業マンだったり、
営業の管理職だったりした場合は、
また別問題になってくるのだけど、
もしあなたが新人の営業マンだったりした場合、
モチベーションが出ない原因は、
成果が出ないからである。

単純な話で、
やってもやっても、
頑張っても頑張っても
(あくまでその人のレベルでね。)
成果が出ないから、
やる気を無くしてしまう

単純な理由である。

そもそも営業で成果を出すことは難しい

そもそも営業で成果を出すことは難しい

これも当たり前の話で、
基本、
客とあなたは全然知らない人同士で、
そんな知らない人に、
商品を買ってもらわないと、
営業の成果にはならないのだから、
なかなか難しい。

しかも、
客は基本、
商品に関心が無い。
(商品に関心があれば、
自ら行動している。)

また、
今の時代ネットが発達しているので、
そういう意味でも、
営業の仕事は、
かなり難しくなってきているのが現実のように思う。
(ネットが無ければ、
いろいろと調べることが出来ないが、
ネットがあるので、
客は調べることが出来る。
いろいろ調べられた場合、
営業マンは不利になるケースが多い。)

簡単には成果が出ないことを知る

あなたの先輩や、
身近にいるスーパー営業マンなどを見ていたら、
簡単に成果を上げているように思えるかもしれないが、
そんな人でも、
過去は売れない時代を経験している人が多い。
(中には、
売れない時代をあまり経験しない、
天才型の営業マンもいるが。)

営業の仕事というのは意外にシンプルで、
商品に関心がある人を見つけ、
その人に、
適切な方法で、
商品を紹介するということなのだけど、
実際にやってみると、
これがなかなか難しい。

そもそも、
商品に関心がある人なんて少ないし、
また、
他のライバルなども多い。
(商品自体のライバルもそうだし、
他の営業マンなどという意味で。
例えば、
あなたがAという商品を取り扱っていれば、
他にもBという商品やCという商品があったり、
Aという商品を購入する場合でも、
α社の営業マンからも話があったり、
β社の営業マンから話があったり、
またネットでの購入窓口もあったり。)

現実的な問題で、
成果が出ずに、
営業の仕事を辞める人がほとんどなので、
営業の仕事は、
簡単に成果が出ないという現実をまず知るべきだろう。

とにかく最初の一件を

これは、
以前の記事にも書いたのだけど、
とにかく最初の1件をあげることに、
全力を尽くすべきだ。

営業ではとにかく最初の1件を出すことに全精力を出すことが重要

最初の1件さえ出れば、
モチベーションを維持しやすくなる

私の経験からしても、
部下や後輩なども、
やはり最初の1件さえ上げてしまえば、
そのまま続く人が多く、
1件がなかなか上がらなければ、
辞めてしまう人も多い。

とにかく、
成果が出れば、
やる気を維持しやすくなるので、
成果を出すことを念頭に、
仕事をするべきだろう。

終わりに

勿論、
成果が出ているからといって、
モチベーションが下がらないわけでもなく、
例えば、
ベテランの営業マンにだって、
様々な悩みはある。

成果が出ている営業マンでも、
営業の仕事がつまらなくなったり、
急に虚しさを覚えたりして、
辞めることもある。

ただ、
もしあなたが新人だったり、
営業の仕事を始めたてのころなどは、
ほぼ100%、
モチベーションが維持できない理由は、
単純に成果が出ないことが原因だと思うので、

まずは、
成果は簡単には出ないということを知ることと、
最初の1件を出すことに、
全精力を注いで
なんとかモチベーションを維持してもらえたらと思う。

最初の1件さえ上げてしまえば、
営業という仕事に対して、
見える景色が全く変わってくるからだ。