野田草履といえば、
なだ万事件の発起人であり、
また、
なだ万事件により、
多額の支援を、
まぜよるがなから受けていたことが明らかになった。
(その前から噂はあったわけだが。)

なだ万事件を機に、
野田草履自身、
いろいろと思うところがあったと思うが、
今回は、
そんな野田草履の今後について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

まぜよるがなからの支援の消滅

野田草履の発言や、
まぜよるがなの発言を信じるならば、
今後、
まぜよるがなからの一切の支援は、
野田草履は受けれなくなった

野田草履曰く、
家賃以外の全ての支援を、
まぜよるがなから受けていたそうだが、
(というか、
まぜよるがなは金持ち過ぎじゃないか?
警備会社ってそんなに儲かるのか?)
今回のなだ万事件を機に、
精神的にも、
金銭的にも、
自立するという。

なだ万事件は野田草履にプラスに働いた

なだ万事件は、
関わった全員が、
何らかしかのマイナスの影響を受けているが、
唯一なだ万事件が、
プラスに働いたのは、
私は野田草履だと思う。

横山緑の圧力に、
最終的にだが負けなかったこともそうだし、
何より、
自立への大きなきっかけになったことが大きい

確かに、
なだ万事件が起こらず、
そのまままぜよるがなからの、
圧倒的な支援を受けていれば、
生活は安定していたかもしれないが、
そもそもまぜよるがなの支援は、
野田草履にプラスに働いているわけではなかった

野田草履の放送では、
まぜ関連のコメントが流れ、
(七宝犬、まぜぽなど。)
野田草履の放送自体、
非常に荒れることが多かった。

そのような状態から、
少なくとも解放されるのだから、
野田草履にとっては、
プラスに働いているように思う。

そもそも

というか、
野田草履ってそもそも生主として、
かなり優秀ではないか?

先日行われた、
公式雑談でもそうだが、
野田草履のトークは非常に面白く、
事実司会の西村博之は何度も爆笑をしていた。

公式雑談という場でも、
石川典行や、
西村博之と、
十分に張り合えているように見えた。

野田草履曰く、
5000冊の本を読んでいるようだが、
その話は事実かどうかは置いておいて、
現実的に野田草履のトークは面白い
(特に横山緑いじり。)

というか、
置物の久保田よりも、
公式雑談だと、
何百倍も野田草履の方が優秀だし、
輝いている

十分やっていける

確かな情報ではないが、
野田草履のチャンネル会員は、
700人いるとされている。

公式雑談などでも十分輝けることから、
個人でも十分、
野田草履はやっていけるだろう。

まぜよるがなに頼らなくても、
横山緑に頼らなくても、
十分個人でやっていける程の力は野田草履にはある

というか、
久保田と絡んでいても、
野田草履にとって、
プラスになるメリットはほとんど無いゾ。

終わりに

現実的な話、
確かに家賃以外すべて補助してくれる、
まぜぽは、
野田草履にとってはかなりおいしかったと思うが、
長期的な目線でいえば、
今回のなだ万事件を通して、
本格的に自立を目指すということは、
野田草履にとって、
よかったのでは無いだろうか。

また、
最後の最後だが、
保身を取らず、
横山緑やまぜよるがなの圧力に打ち勝ち、
真実を打ち明けた野田草履には、
個人的には非常に好感がもてる。

保身を選ばず、
リスナーを選んだ野田草履には、
必ず素晴らしい未来が待っているはずだ。

誰の支援も、
野田草履には必要無い。

野田草履には、
もう、
一人でやっていける力が、
十分に備わっているからだ。