加藤純一ニコ生チャンピオンである。

今の腐敗しきったニコ生では、
確かに集客力においては、
加藤純一に敵うものはいないだろう。

そこで、
更なる飛躍を求めて
活動の場をyoutubeに移した加藤純一であったが、
加藤純一はyoutubeでは苦戦しているようである。

なぜ、
加藤純一は、
ニコ生チャンピオンであるにも関わらず、
youtubeで苦戦してしまうのだろうか。

その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

youtube参入が遅かった

まず初めに、
youtubeに参入するのが遅かったこと

例えば、
同じニコ生系ゲーム実況者でいえば、
キヨアブなどがyoutubeでは人気があるが、
キヨ・アブに比べて、
加藤純一はyoutubeに参入するのが遅かった

youtube市場が成熟しきる前に、
キヨアブは、
youtubeに動画を投稿していたが、
加藤純一がyoutubeで活動し始めたのは最近である。

なので、
どうしても、
後発組の加藤純一は、
youtubeでは苦戦を強いらざるを得ないのである。

キッズ向けにカスタマイズしていない

次に、
キッズ向けにカスタマイズしていないから

ニコ生と、
youtubeのリスナー層は違う

youtubeの視聴者は、
本当に0歳児~で、
小学生、中学生、高校生が多い

逆に、
ニコ生は、
高校生・大学生・社会人などが多く、
youtubeの視聴者と、
ニコ生の視聴者は微妙に違う

また、
youtubeの視聴者は、
リア充が多いのに比べ、
ニコ生は、
非リアが多い

なので、
微妙にリスナー層が違うので、
youtubeで人気を出そうと思えば、
youtube向けに、
動画や配信内容をカスタマイズする必要があるが、
加藤純一の場合、
特に動画をyoutube向けにカスタマイズすることなく
ありのままの加藤純一で、
やっているイメージである。

二兎を追っているから

最後に二兎を追っているから

加藤純一は、
ニコ生を捨て切れていない

その証拠に、
やはりニコ生での活動も多いし、
公式放送に出演や、
ニコ生での配信など)
youtubeとニコ生の二兎を追っているので、
youtubeでの活動に完全に力を入れることが出来ないのである。

キヨやアブなんかを見ていても、
完全にニコ生を捨てて、
youtubeでの活動をメインにしている。

なので、
キヨやアブは、
全精力をyoutubeでの動画作成に注げる
ので、
youtubeの登録者や、
再生回数が凄いのである。
(当然、
キヨやアブは、
youtube向けに動画をカスタマイズしている。)

終わりに

とまあいろいろ言ってきたが、
それでも加藤純一のポテンシャルは凄い

今日も、
ポケモン金銀の配信をしていたが、
ニコ生の自枠は、
5000席満員

youtubeでも、
約5000人の視聴者を獲得し、
ニコ生のミラー枠なども含めれば、
12000人弱の人間が、
加藤純一の生放送を見ていることになる。

更に、
加藤純一の放送は、
ある程度大人の私から見ても、
十分楽しめる内容になっており、
キッズも大人も楽しめる放送というのは、
放送主に力が無ければ出来ないことだろう。

このまま、
加藤純一が慢心することなく、
今の活動を継続することが出来れば、
加藤純一の天敵である、
キヨ・アブの背中をとらえることは、
時間の問題かもしれない。