※ 8:07〜ニコ生チャンピョン返上

加藤純一といえば、
ニコ生チャンピオンであったが、
最近、
ニコ生チャンピオンを返上し、
インターネットヒーローを目指すことを宣言した
永遠の厨二病である。

まあインターネットヒーローとは
おそらくyoutubeで天下を取りたいということだと思うが、
今回はそんな加藤純一が、
インターネットヒーローになるために、
やらなければならないことについて、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

言葉遣いを改める

まず初めに、
言葉遣いを改めることである。

加藤純一は、
むちゃくちゃ言葉が悪い

というか、
ニコ生の世界では加藤純一の言葉遣いの悪さは、
デフォルトなのだけど、
ニコ生よりもキッズが多いyoutubeの世界でやっていくには、
言葉遣いが悪すぎる

youtube(google)からの心象も悪くなるので、
言葉遣いは改めた方がいいだろう。
企業案件も今の言葉遣いのままだと、
来にくくなるゾ。)

差別的発言を辞める

次に、
差別的発言を辞めること

加藤純一の差別的発言はひどい

特に、
女性に対する差別的発言や、
同じゲーム実況者などで、
自分より人気があるもの、
自分が気に食わないものに対する、
壮絶なdisという名の名誉棄損は、
訴訟クラスである。

つべの視聴者は、
ニコ生の視聴者と比べてキッズなことが多く、
こういった差別的な発言は、
youtube(google)も好まないので、
無くした方がいいだろう。

youtubeのキッズたちと仲良くする

次に、
youtubeのキッズたちと仲良くすること

これは、
つべのキッズ向けに、
動画をカスタマイズするということである。

加藤純一の動画や放送というのは、
それなりの年齢層向けの動画になっており、
キッズが楽しむには難し過ぎる

つべの視聴者は、
キッズが多いため、
インターネットヒーローになりたければ、
つべのキッズ向けに動画を出す必要があるだろう。

人気のあるyoutuberとコラボする

次に、
人気のあるyoutuberとコラボすること

つべで人気が出るためには、
コラボは必至である。

まあ、
このへんは問題無いと思うが、
加藤純一がつべでも仲良くやっていけそうな人間と、
ガンガンコラボしていった方が、
人気が出るだろう。
もこうとだけコラボしてもダメだゾ。
ちゃんとヒカルとか、
ラファエルとかとコラボするんだゾ。)

みんなと仲良くすること

最後に、
みんなと仲良くすること

まあ加藤純一にとっては限りなく難しいことだと思うが、
とにかく下手に敵をつくらず、
みんなと仲良くすることだ。

ニコ生では今のスタイルでも十分やっていけると思うが、
(というかニコ生だと今の加藤純一のスタイルは完璧)
つべはニコ生とは事情が違う。

特に、
つべをすべて仕切っているのは、
youtubeの親会社であるgoogleなので、
とにかくgoogleの機嫌を損ねないように活動した方がいいだろう。
(googleにつべのアカウント削除されると、
すべて終わりだから。)

終わりに

とまあ、
いろいろ書いていて思ったのだけど、
逆にインターネットヒーローを目指そうと思ったら、
加藤純一の良さがすべてなくなると思うのは、
私だけだろうか。

というか、
そもそもインターネットヒーローを目指す必要があるのだろうか。

もし加藤純一が、
万人受けするようなことを考えて行動してしまうと、
それこそ加藤純一の良さがすべてなくなってしまうような気がする。

現状、
youtubeでトップだと、
ヒカキン・はじめしゃちょー・ヒカルなどだが、
どう考えても、
加藤純一がこの中に入っていけるとは思わない
能力的な問題ではなく、
人間性や考え方の問題。)

youtubeでトップを取ろうと思えば、
今の加藤純一のやり方を変える必要があり、
それは今までの加藤純一の否定であり、
もし、
加藤純一がyoutubeでトップを取るために動画を撮り始めれば、
私にとっても、
今の加藤純一の信者(衛門)にとっても、
加藤純一の魅力はなくなってしまうだろう。

この問題は、
加藤純一も生放送などで発狂するほど悩んでいたが、
非常に難しい問題ではあると思うので、
今後も随時、
加藤純一を監視しつつ、
考察していきたいと思う