横山緑といえば、
自称ニコ生最後の砦であるが、
現状、
ニコ生での自身のチャンネル活動は、
30分逃げ切りの義務枠と化し、
オープンレックでのゲーム放送や、
ノリミドチャンネル
そしてニコ生の公式チャンネルや、
旅部などの外部チャンネルに全力を注ぐ
言行不一致おじさんである。

以前の記事でも紹介をしたが、
何も横山緑は、
ニコ生を始めた時から、
このような言行不一致だったわけではなく
何よりも誰よりも乞食を否定していたのが、
横山緑だったのである。

では、
なぜ、
最近の横山緑は、
ここまで乞食が止まらないのだろうか

その理由について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

養育費が必要だから

まずはじめに、
養育費が必要だから

ご存じの通り、
横山緑は現在、
元嫁であるパンダ(えり)と離婚しており、
(離婚は台本説もあるが・・・)
センパチとパチ子という、
二人の子供の養育費を払う立場にある。

もし、
横山緑が独り身ならば、
今のような乞食生主にはなっていなかったかもしれないが、
やはりどうしても養育費が必要なので、
乞食にならざるを得なくなっているところがあると思う。

他の生主が稼いでいるから

次に、
他の生主が稼いでいるから

同じ暗黒ファミリーでいうと、
よっさんなどは、
ふわっちで先月も70万近く稼いでおり
今は生主が稼げる時代なのである。
youtubeやツイッチなどでも、
もっと稼いでいるものもいくらでもいる。)

そのような現状を、
今の横山緑ならば耳にする機会も多く、
「ほかの生主が稼いでいるのならば、
俺もちょっとくらいいいだろ・・・」
という気持ちがあるように思う。

というか、
横山緑は、
チョロミドと呼ばれるくらい、
誰でも簡単に説得することが出来るので、
例えば旅部なども、
ガジェット通信に、
ちょろっとそそのかされて、
新しい540円のチャンネルを開設したことが目に浮かぶ。

生主は稼げることに味を占めたから

最後に、
生主は稼げることに味を占めたから

これは、
横山緑のチャンネルである、
センパチ会員もそうだが、
横山緑は自身の生主としての活動を通して、
稼げることにある程度味を占めていると思う。

そもそも、
ほんの数年前までは、
もちろんyoutuberなんて職業も無く、
ましてや生主で稼ぐなんて夢物語であったが、
例えばふわっちなどでは、
月に1000万円以上稼ぐものも現れたりと、
生主でも十分過ぎる程稼げる時代になってきており、
そのような今の、
配信業界に対する追い風的な状況が、
横山緑を乞食生主へと、
更におしすすめる要因になったように思う。

終わりに

乞食をするくらいなら死んだほうがマシだ!

参照元:http://ch.nicovideo.jp/midori/blomaga/ar30710

誰よりも、
乞食に厳しく、
他人が乞食をすることさえ許さなかったあのミドさんが、
今ではニコ生で率先して乞食をするようになってきている

時代の流れなのか、
誰かの入れ知恵なのかはわからないが、
節操も無く、
せっせと集金活動にいそしむ、
今のみっさんは、
暗黒古参リスナーであればあるほど、
最も見たくなかったミドさんの姿だろう。

7614

そう。

横山緑に審判が下る、
ジャッジメント・デイである。

何度かお話しているが、
私には今までリスナーの見えないところで、
重ねに重ねた悪業が、
巡りめぐって久保田の身に、
降りかかっているとしか思えないが、
裁判の結果がどうなろうとも、
ミドさんには、
全ての結果を受け入れてもらい、
自身の行いを見直すきっかけに少しでもなればと思う。