以前の記事でもお話をしたが、
私はパチンコ・パチスロの依存症だった。

特に、
パチスロが好きだったので、
大学生ということもあったが、
大学に一切行かずに、
パチスロばっかり打ちに行っていたように思う。

ちなみにだが、
私は今一切パチスロには行っていない

たまーに、
トイレを借りにパチンコ屋に行くことはあるが、
(余談だがパチンコ屋のトイレはむちゃくちゃキレイ。)
もうパチスロやパチンコを打とうとは今は思わない
パチスロ動画などでお腹がいっぱいになるのもあると思うが。)

そんな私の体験を踏まえて、
パチスロに嵌りまくっていた時の私と、
一切パチスロに行かなくなった今の私とを比較して、
リアルな体験談をお話しようと思う。

少しでも
今、
パチスロを辞めたくても辞めれない人の、
助けになることを願って

スポンサーリンク

パチスロ・パチンコに嵌っていたとき

パチスロ・パチンコに嵌っていたときは、
とにかく24時間365日、
パチスロのことを考えていた

とにかく、
パチスロでお金を稼ぐことしか考えておらず、
お店が開いている時は、
基本稼働

店が開いていない時は、
朝の抽選を外したり
狙い代がスカった時
体調があまりにも悪い時など。)
パチスロ雑誌などを購入し、
機種の情報収集
(当時は、
ネットなどで有益な情報が少なかったため。)

また、
店舗のメルマガなども複数登録し、
どの店のイベントなどに行くかの確認

もっと細かいことでいうと、
前日の出目チェックや、
天井チェック

などなど、
本当に24時間365日、
パチスロのことを考えていた

そして、
当然プライベートな時間はすべてパチスロ優先なので、
友人関係などもすべて崩壊し
大学にも一切行っていなかった
(当然、当時していたアルバイトも辞めた
というか徐々にアルバイトに行かなくなった。)

パチスロ・パチンコを辞めた後

パチスロ・パチンコを辞めた後は、
とにかく自由な時間が増えた

また、
生活も規則正しくなった

そして、
友人との時間や、
家族との時間
恋人との時間など、
ゆとりを持って生活出来るようになった

とにかくイライラする時間が減った

パチスロ・パチンコというのは、
完全確率の世界なので、
パチンコなら釘がよく
よく回り
台の期待値がプラスな台
(今ならセグ狙いなどもか)
パチスロならば、
高設定台
天井まで近い台や、
朝一リセット台など、
台の期待値がプラスな台などだろうが、
いくら期待値のプラスの台を打ったところで、
確立のブレで収支がマイナスになることがあり
そういった時は、
やり場の無い怒りやストレスを抱えていたように思う。

パチスロ・パチンコを辞めてから
そのようなやり場の無い怒りやストレスを抱えることも無くなった

終わりに

まあ、
大体こんなところだろう。

とにかく、
パチスロ・パチンコは時間の無駄である。

それに、
リスクや投資するものに対して
リターンが少なすぎる

本気で、
期待値のみを求める立ち回りをしたところで、
得られる収入の天井は数十万円
失うものは、
決して戻ることの無い膨大な貴重な時間である。

記事の冒頭にも話をしたが、
私は本当にトイレを借りに行くくらいしか、
パチスロ・パチンコ店にはいかないのだが、
そもそも今だと、
パチスロ・パチンコ店に入るのも少し恥ずかしい気がするし、
副流煙が蔓延し、
また、
耳がおかしくなるくらい爆音鳴り響くホールで、
それも期待値などを一切考えず、
ひたすらサンドにお金を突っ込みまくっている人を見ると、
本当に頭がおかしくなっているとしか言いようがない

ましてや、
今の時代
規制がドンドン厳しくなり
今パチスロ・パチンコの専業で食っている人でも、
いつどうなるかはわからない時代である。

確かに、
パチスロに関しては、
昔は食えていい時代だったように思う。

特に、
パチスロ四号機の時代などは、
出玉性能や台のスペックなど、
台自体も面白く、
非常に食える時代
だったと思うが、
今の規制の厳しくなった五号機は完全にオワコンであり、
今後、
更にパチスロの規制が緩くなるとは考えにくい

また今は、
インターネットが発達し、
インターネットを通して収入を得る手段などいくらでもある

個人的には、
パチスロやパチンコなど、
明らかにリターンの低いことは辞めて
もしお金を稼ぐことに関心があるならば
インターネットを通した副業をするべきだと思う。

パチスロ・パチンコで得られるような小銭のような金額ではなく、
更に大きな金額を個人で稼ぐことの出来る、
大きな可能性があるのが、
インターネットを通じたビジネスだと思うからだ。