前回の記事でもお話したが、
私はパチスロ依存症だった。

まあ正確には、
病院に行ったわけでもなければ、
そういう病名をつけられたわけでもないので、
自称パチスロ依存症ということになるのだけど、
24時間365日、
パチスロのことを考え続け、
毎日のようにパチンコ屋に行っていたので、
完全に依存症だったと思う。

まあ、
今では、
パチンコ屋にはトイレを借りに行くくらいで、
完全にパチスロ・パチンコから足を洗ったわけだが、
そんなパチスロ依存症だった私が、
パチスロを毎日打ち続けることによって、
得たものと失ったものについて
話をしていこうと思う。

そして願わくば、
今パチスロを辞めたくて困っている人が、
パチスロから足を洗うための何かのきっかけになればと思う。

スポンサーリンク

得たもの

まずは、
パチスロを打つことによって、
得たものから話をしていこうと思う。

パチスロは時間と金の無駄という事実を身をもって知ったこと

まず初めに、
パチスロは時間と金の無駄だということ事実を、
身をもって知ったことである。

パチスロは、
時間と金の無駄である。

これは負けてる人は勿論のこと、
(ほとんどの人間が負けていると思うが。)
パチスロで勝っている人間もそうである。

仮にパチスロで毎月専業で何十万勝とうが、
ハッキリ言ってパチスロは失うものが多すぎる

パチスロで得れる金銭に対して、
デメリットが大きすぎるからである。

とにかく、
パチスロは時間と金の無駄ということを、
身をもって知れたのが大きかった

パチスロ・パチンコ(業界)に詳しくなったこと

次に、
パチスロ・パチンコ(業界)に詳しくなったこと

それはそうで、
毎日毎日、
パチンコ屋に通い、
ひたすらパチスロ機と向き合う日々を送っていれば、
必然的にパチスロ・パチンコ(業界)に詳しくなる

まあ、
パチスロ・パチンコ(業界)に詳しくなったところで、
何の得にもならないのだけど、
とにかく無駄にパチスロ・パチンコ(業界)に関して、
詳しくなった

確率に強くなったこと

最後に確率に強くなったこと

お陰様で、
毎日毎日数字と向き合う日々を送っていたので、
確率に非常に強く明るくなった

また、
確率というのは、
いかにブレて、
考えられないような偏りを起こすということも、
身をもって知れたのである。

これは、
唯一パチスロを打っていてプラスになったことだと思っている。

失ったもの

では次に、
パチスロを打つことによって、
失ったものについて、
話をしていこうと思う。

貴重な若い時間

まずは、
貴重な若い時間

私は、
高校生の時から、
パチスロを知って打っているので、
高校大学と、
貴重な若い時間を失った

これは、
年齢が若かろうが、
若くなかろうが、
時間を失うということは、
大きなデメリットだと思う。

貴重なお金

次に貴重な時間

生涯成績はわからないが、
お金に関しても相当パチスロにぶっ込んでいる

働いていたアルバイトの給料をほぼ全部注ぎ込んでいたし、
何よりやはり、
時間を無駄にしたことの方が大きい

パチスロ・パチンコは、
当たり前だが、
大金を失う

自分の周りの人間関係全て

最後に、
自分の周りの人間関係全て

親兄弟
親戚から、
友人
恋人まで、
全ての予定よりもパチスロのイベントなどを優先していたため、
当たり前だが、
人間関係が崩壊した。

 終わりに

とにかく、
パチスロ・パチンコは、
得れるものに対して、
失うものが大きすぎる

私はそこまでは無かったが、
人によっては大きな借金を背負ってまで、
パチスロやパチンコに嵌ってしまう人も多い

また、
パチスロやパチンコの場合、
勝っても負けても、
先に待っているのは地獄である。

利巧なあなたは、
一刻も早く、
パチスロ・パチンコの無意味さに気づき、
秒速でパチスロを辞めれるようになろう

パチスロ・パチンコを辞めるための方法