日本はカジノこそは無いものの、
(カジノ法案が通り、
日本にもカジノが出来る日も近いと思うが。)
ほとんどの大きな駅前などには、
ところ狭しとパチンコ屋が並び
実際にパチンコやパチスロ依存症の人数はかなり多いように思う。

ネットで、
ギャンブル依存症の人数で検索してみると、
536万人いるらしいが、
実際問題として、
ギャンブル依存症に悩んでいる人は多いと思う。
(辞めたくても辞めれないというのね。)

そこで、
何度かお話をしているが、
実体験を基に、
私が考える効果の高い、
パチスロ(パチンコ・ギャンブル)依存症から脱却する方法について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

むしろ徹底的にやってみる

まず初めに、
むしろ徹底的にやってみることである。

私の場合、
完全なパチスロ依存症だったので、
むしろ全てを放り投げて、
(当時は学生だったので、
学校にも行かず、
バイトもせず)
パチスロばっかり打っていたのだが、
本気でやればやるほど、
パチスロを打つということが、
いかにバカバカしい行為かが分かる

努力に対してのリターンもそうだし、
いかにパチンコ・パチスロは稼ぎにくいかということや、
世間からの目の冷たさなどもいろいろと分かるだろう。
パチンコ店員からの冷ややかな目なども含めて

徹底的にやってみてこそ、
分かることもあるのである。

レートを下げる

次にレートを下げること

パチスロなら、
5スロ・2スロ
パチンコならば、
1パチなどだろうが、
レートを下げることで、
これもパチスロ・パチンコのバカバカしさを理解することが出来る

特にパチスロの場合
5スロはおろか、
2スロなんて絶対に設定なんて入っていないので、
より低設定のバカバカしさを理解することが出来るだろう。

もっと稼げることを見つける

最後に、
もっと稼げることを見つけること。

パチスロ・パチンコよりも、
もっと稼げることを見つけることである。

特に、
パチスロやパチンコが好きな人ならば、
同じ系統である、
FXや株
またオンラインポーカーを始めとした、
オンラインカジノなどと相性がいいのでは無いだろうか。

FXや株やポーカーなども、
簡単に勝てるようになったり、
簡単に稼げるようには絶対にならないが、
それでも業界の将来性や稼げる金額を考えれば
今すぐパチスロ・パチンコを辞めて、
簡単な勉強からでもいいので、
始めてみるのもおすすめである。
(個人的には少額から始めることのできる、
FXがおすすめ。)

終わりに

特に最近だと、
また出玉規制が厳しくなり
パチスロなどは、
完全にオワコン感が半端無いが、
そうでなくても、
マジでパチスロ・パチンコは金と時間の無駄である。

副流煙などの問題もそうだし、
何より時間を無駄にしている感が半端無い

更に、
パチスロ・パチンコは、
将来性が著しくない業界なので、
今からでも遅くないので、
少しづづでもいいから、
業界から離れていく努力をするようにしよう。

パチスロ依存症だった私がパチスロを辞めれた経緯を詳細に解説する