シバターといえば、
今となっては大手youtuberになり
大手youtuberになってしまったが故に
守るべきものが増えすぎて
自分の言いたいことを言ったり、
やりたいことが全く出来なくなった、
オワコンプロレスラーのことであるが、
そんなシバターはなぜオワコンになってしまったのだろうか

昔から(チャンネル登録者が5万人くらいの時から)
シバターを見てきた私から
シバターがオワコンになってしまった理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

牙が完全に抜けたから

まず初めに、
牙が完全に抜けたから

昔のシバターというのは、
今のキッズに大人気のシバターとは違い
本当に後先考えずに、
自分の思ったことを言いまくり
それが一部の層から物凄く受けていた

言いたいことを言いまくるのだから、
当然アンチの数も半端無かったが、
昔のシバターは、
本当にyoutubeのアカアウントBAN覚悟で、
なんでもかんでも言いまくり
そして実際に何度もyoutubeのアカウントをBANされていた

しかし、
今のシバターは、
チャンネル登録者も70万人を超え
またパチスロの営業なども増え始め
昔に比べてあまりにも守るべきものが増えすぎたため
言いたいこともほとんど言わず、
シバターの動画のほとんどが、
彼のメイン視聴者であるキッズに媚びをうる動画ばかりである。

シバターの牙は、
完全に抜けてしまった

キッズに媚びているから

次に、
キッズに媚びているから

先ほども話をしたが、
昔のシバターというのはキッズに媚びることもなく
自分がしたいことや思ったことを言い
その分動画がバズったり、
伸びることも少なかったが、
シバターの動画は手の込んでいるものが多かったり、
メッセージ性の強いものが多かった

しかし、
今のシバターはとにかく守銭奴で、
youtubeでのわずかばかりの収益のために、
自分の信念よりもキッズに媚びることを優先し、
昔の自分の等身大を表現していたシバターはいなくなった

今のシバターは、
youtubeJapanの犬であり、
キッズ達のおもちゃである。

自分が大手になってしまったから

最後に自分が大手になってしまったから

大手になってしまえば、
好き勝手言ったり、
やったりできなくなり
それだけ多くの目に触れる機会が増え、
監視の目も厳しくなるため。)
自分が大手にになることにより、
かつてのシバターは完全に死んでしまった

かつては、
ヒカキンやはじめしゃちょーにかみついていたシバターであったが、
今は自分自身が大手youtuberになり、
同じ大手youtuberである、
ヒカルやラファエルに媚びを売りまくる始末である。

ほとんどのyoutuberやタレントは、
大体売れてしまえばオワコンになるが、
シバターもその例に漏れることなく、
人気が出ることにより、
失うにはあまりにも大きすぎるものが出来てしまい、
オワコンになってしまった

終わりに

とはいうものの、
実際にシバターというのは、
youtubeの中では人気があり
それなりに発言力もあり
youtubeでは成功しているといえるので、
シバターが別に今の現状に満足しているのであれば、
それはそれでいいのではとも思う。

ただ個人的には、
マジでシバターはクソつまらなくなり
昔のシバターの動画が好きだっただけに、
ちょっと残念だなーと思うくらいである。

キッズに媚びを売り
それでそれなりの収入(月収数百万円くらいか?)を得れるのであれば、
それでシバターが満足するのであれば、
シバターはそれまでの人間だったということだ。

シバターは自分が大手youtuberになり、
失うものが出来たことによって、
オワコン化した。

どんなに立派な発言をしようとも、
全てはyoutubeのキッズたちに媚びを売る発言であり、
そこにはかつての狂犬だったシバターの姿はない。