ヘラるとは、
若者?言葉のことで、
メンヘラになる
つまり憂鬱になる
落ち込んだ気分になる
生きていくのが嫌になる
死にたくなるということだが、
あなたも生きていれば、
幾度かはヘラったことはあると思う。

そこで、
今回は実体験を基に、
ヘラった時の対処法について、
お話していこうと思う。
何を隠そう私も幾度となくヘラるからだ。)

スポンサーリンク

時間が解決する

まず初めに、
時間が解決する

これはどんな物事でもそうだが、
仮に気分が落ち込んでいようが
ヘラっていようが
時間さえあれば、
全てが解決する

なぜならば、
人間の感情というものは、
嬉しい気持ちも辛い気持ちも、
長くは続かないからだ。

どういうことが起きて、
ヘラっているかによって、
解決するまでの時間は若干変わってくると思うが、
実体験で言えば、
どんなに長期間ヘラっていようが、
私の場合は、
1週間もあれば、
大体忘れて切り替えることが出来る

気の合う友人と会話をする

次に、
気の合う友人と会話をすること

会話をするというのは、
それだけでストレスの発散になることが多く
特に自分の気の合う友人だと、
よりよいストレスの発散になる

恋人がいる人は、
恋人と会話をするのでもいいが、
とにかく自分のことをよく理解してくれる人と、
会話をすることだ。

人によっては、
自分の親や兄弟など、
親族と会話をするのもいいだろう。

誰しもがヘラることを理解する

最後に、
誰しもがヘラることを理解すること

この世の中にヘラらない人など存在しない

ヘラっていることを、
他人に見せる、
他人に見せない、
は存在するが、
メンタルが弱らない人間など存在しないからだ。

ヘラって苦しんでいるのは、
あなただけでなく、
全人類がヘラっていることを理解すれば、
少しは苦しみがおさまるのでは無いだろうか?

終わりに

とはいっても、
とにかく時間が全てを解決する

ヘラっている時は、
変に元気を出そうとせずに、
そういう時期もあると自分に言い聞かせ
とにかくヘラが去るのを待つのが一番の得策だろう。

勿論、
重大な精神の疾患などを抱えている人はそうはいかないと思うが、
誰しもがかかるような軽度なヘラの場合、
2~3日、
何も考えず、
ひたすら寝るようにすれば、
ヘラっていたことなど忘れて、
元気に活動出来るようになるものである。

ヘラった時は、
変に元気を出そうとせずに、
そういう時期があるものだと理解し、
時間が解決するのを待つのが得策。