髭原人といえば、
普段からyoutubeでパチスロ動画を見る人ならば、
必ずその名前はどこかで聞いたことがあるくらい有名な、
パチスロ演者である。

事実、
髭原人が登場するパチスロ動画の再生数もすさまじく
髭原人の動画で最も再生されている動画の再生数は、
なんと400万再生である。
(この髭原人の動画は、
パチスロ系動画では、
現状最も再生されている動画である。)

そんな髭原人であったが、
最近では、
めっきり再生回数も減ってしまい
全盛期の過去と比較すると、
完全にオワコン化してしまった。

そこで今回は、
なぜ髭原人がオワコンになってしまったのか
その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

見た目のインパクトが強すぎたから

まず初めに、
見た目のインパクトが強すぎたから

髭原人が登場した頃
これは私だけが感じたことかもしれないが、
見た目のインパクトは衝撃的だった。

髭を生やし
上半身も下半身もほぼ裸で、
というかこれで動画に出ても大丈夫なの?
と思わすような恰好であった。

その見た目のインパクトとは裏腹に、
実に理路整然としたわかりやすいトーク(解説)があったから、
髭原人は売れた(人気が出た)と私は思っているのだけど、
見た目のインパクトやキャラが強ければ強いほど
飽きられるのも早いのである。
芸人の一発屋が、
爆発的に売れてはすぐ消えていくのとおんなじ原理。)

単純にリスナーから、
髭原人のキャラが飽きられたのだ。

中途半端に売れたから

次に、
中途半端に売れたから

これは、
髭原人に限らずだが、
人間
有名になったり、
売れだしたりすると
ほとんどの人間が天狗になり、
いいことなんて一切ない

上記は、
過去の髭原人の動画だが、
今の髭原人の動画と比べて
テンション・やる気・勢い
全てにおいて、
全く違うのがお分かりいただけるだろう

売れれば売れるほど、
初期の頃のハングリー精神を失ってオワコンになるのは、
youtube業界ではよくある話である。

でちゃうが下火だから

最後にでちゃうが下火だから

私の中でだが、
でちゃう編集部は、
にゃんぱすサトシーニョが好きだったのだが、
その二人ももうやめてしまい
そもそもでちゃう自体、
動画を見る機会が少なくなった

こしあんがあまり好きではない私にとって、
サトシーニョ、
にゃんぱすの二人が辞めてしまったのは、
大きかったのである。

にゃんぱすは、
でちゃうに出戻りしていたようです。

サトシーニョも、
無事でちゃうに復帰しました。

終わりに

過去の髭原人の勢いというものは、
本当に凄かった

特に、
私の中では、
髭原人の最高傑作は、
ハーデスのペナクラッシュだと思っているのだけど、

髭原人のペナクラッシュは、
何度見ても笑ってしまう
髭原人の最高傑作である。

パチスロ業界で売れてしまった今
過去の髭原人のような勢いを取り戻せることは、
もう絶対に無いと思うのだけど、
過去が過去だっただけに、
今の髭原人を見ていて、
非常に残念だと思うのは私だけでは無いだろう。

さようなら、
僕たちの大好きだった髭さん。