正直言って、
別に横山緑とまろんの二人の関係が、
うまくいこうが、
うまくいかなかろうが、
全く関心が無いのだけど、
なにやらまろんが苦しんでいるようなので、
横山緑向けでは無く、
まろん向けに、
横山緑とまろんの二人の恋愛関係がうまくいかない理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

お互い人気配信者だから

まず初めに、
お互い人気配信者だから

配信者、
というものをテレビに出ているような芸能人と一緒にするのもどうかと思うが、
まろんは先日もニコ生の公式雑談に出演し、

横山緑に関しては、
テクサ関係がほとんどではあるものの、
ニコ生の公式番組に数多く出演し、
横山緑・まろんの両名を、
完全に素人と位置付けるのは難しいだろう。

更に、
飽くまでニコ生での世界の話になるが、
横山緑もまろんも、
ニコ生では圧倒的人気があり
(横山緑は最近は人気が無くなってきているが。)
当然人気者の二人だから、
囲いと呼ばれるような、
熱狂的な信者も、
まろん・横山緑には存在する。

特に女性配信者の場合は、
アイドルやテレビタレント同様に、
結婚していなかったり、
彼氏がいない方が、
(彼氏がいたとしても彼氏の存在をにおわさない方が。)
人気が出ることが多く
ニコ生で女性配信者を見ている多くのリスナーは、
特定の相手がいることが望まない人がほとんどである。
(そうでないリスナーもいると思うが。)

横山緑に関しても、
暗黒美奈子を筆頭とした、
俗に言う暗黒婦人部も多く
(暗黒婦人部は横山緑の熱狂的な女性リスナーのことね。)
そもそも大多数のリスナーから、
二人の恋愛は応援されていない

これは、
横山緑もまろんも、
それぞれ自枠での配信でにおわしていたが、
ツイッターのDMや、
直接のメールなどで、
二人の関係を望まない声が多いのが、
その何よりの証拠では無いだろうか?

多くの人間から、
祝福されないような恋愛は、
二人によほどの強い意志が無ければ、
続けることは難しいだろう。
(ロミオとジュリエットのように、
二人に強い意志があれば、
逆に障害があればあるほど、
二人の想いが強くなるケースもある。)

横山緑とまろんの考えがあまりにも違うから

次に、
横山緑とまろんの考えがあまりにも違うから

まろんといえば、
彼女の人気の秘訣として、
沼芸や、
キチ芸などがあげられるが、
まあなんというか、
飽くまで私から見ればだが、
まろんの沼芸や、
キチ芸なんて、
完全にファッション沼芸であり、
まろんは普通に常識人である。

まろんは、
自分の本コミュでは、
初見リスナーや不特定多数のリスナーを喜ばせるためか、
積極的に沼っぽい言動や行動をしているが、
まろんのニコ生でのサブコミュや、
ツイキャスなどでやる配信は、
まともな人間そのものである。

といか、
ニコ生の世界で言えば、
まともに働いている時点で、
十分常識人だし、
(仮に社会や会社に馴染めていなくても。)
まろんの言動や考え方を聞いていても、
ニコ生の世界では、
残念ながら、

かなりまともな人間である。

しかし、
横山緑は違う

横山緑は、
残念ながら” ホンモノ “なのだ。

横山緑が” ホンモノ “なのを表すエピソードはたくさんあるのだけど、
最近の話で言えば、
美顔器裁判がそうだろう。

美顔器裁判に関しても、
話をすれば非常に長くなるので割愛するが、
まず横山緑は、
なぜ美顔器裁判で、
名誉棄損で訴えられているか理解していないのである。

横山緑は、
彼が配信内でウソをついたから、
(美顔器の中に陰毛が入っているということ。)
訴えられていると未だに勘違いしているが、
実は話の論点はそこでは無く、
美顔器の中に陰毛が混入していたことが、
事実か事実ではないかにしろ、
横山緑が面白おかしくその内容を、
配信しながら美顔器会社に電話などをしたから、
(それも自身の収益に直接繋がるチャンネル配信で。)
それが問題になっているのである。

更に、
これは暗黒美奈子もツイートしていたが、

暗黒美奈子の言う通り、
横山緑の家のあの汚い衛生状況の中、
仮に美顔器の中に、
それも二回も陰毛が入ったとしても、
部屋が汚いから、
風なとが舞って陰毛が入ったということも十分考えられるし、
というかそもそも、
仮に配信のネタになろうが、
本気で美顔器会社に言いたいことがあるなら、
配信内で言うべきでは無く、
配信外で言うべきなのだ。

まあそこは、
百歩譲って横山緑も配信者なので、
配信ネタに困って、
どうしても配信してしまったこともあるだろうが、
その後の対応も非常にマズい。

美顔器会社とトラブルになっているにも関わらず、
その後配信で何度も何度もそのことをネタにし、
更に裁判が終わった後、
有罪判決が出た後も、
何度も何度も裁判を配信のネタにしているのである。

過ちを犯すことは、
人間なので、
どんな人間もあると思うが、
普通の人間ならば、
少なくとも反省し、
裁判のことは配信でネタにしようとは思わないのでは無いだろうか?

更に、
こともあろうに、
横山緑は、
有罪判決に納得せず、
高等裁判所に控訴までしているらしいが、
もうここまでいってしまうと、
さすがに残念ながら、
” ホンモノ” と言わざるを得ないだろう。

このように、
まろんは確かに社会不適合者であるものの、
ニコ生の世界ではかなりまともな部類であり、
横山緑は、
社会不適合者の集まりである、
ニコ生の世界でも、
完全に異端なのである。

そんな真逆の価値観を持つ二人が、
恋愛関係という非常に近い距離間で、
うまくやっていくことの方が難しいだろう。

恋愛観の違い

あと、
以前の記事でも詳しく話したと思うが、
そもそも横山緑と、
まろんの二人の恋愛観が違い過ぎる

まあ、
いってしまえば、
男と女の違いになってしまうのだけど、
まろんの場合
年齢的にも、
また性格的にも、
将来一緒に過ごせるような、
人間を求めているのでは無いだろうか?

いってみれば、
結婚相手である。

しかし、
横山緑の場合は違う

横山緑の場合は、
不特定多数の女性と、
関係を持ちたいのである。

もうそれは、
まったん、
パンダなどの、
過去の女性がいかに横山緑の女性関係に苦しんだかを示しているように、
とにかく、
横山緑は一人の女性を愛すことの出来ない病気なのである。

一部の暗黒リスナーからは、

” ゴルフの出来ないタイガーウッズ “

と揶揄されているが、
残念ながら、
横山緑の今までの過去の女性関係を見ていれば、
リスナーにそう思われても仕方が無いだろう。

勿論、
男性と女性の違いもあり、
子孫繁栄という観点で言えば、
確かにたくさんの女性と関係を持つ、
または関係を持とうとすることは、
理にかなっており、
オスとしてはそれはそれで優秀なのかもしれない。

しかしながら、
私たち人間は、
確かに動物といえば動物だが、
決して本能だけで生きているわけではない。

世の中に浮気や不倫が無くならないように、
多くの男性が、
女性にはわからないところで、
不倫や浮気をしているのは紛れもない事実ではあるが、
それでも、
真面目に一人の女性を愛そうとする男性も、
世の中には多く存在する。
(というか、
そっちの方が多数派。)

一人の男性と、
末永く一緒にいたいと思うまろん
出来るだけたくさんの女性と、
関係を持ちたいと思う横山緑

真逆の恋愛観を持つ二人の恋愛が、
うまくいくことの方が難しいだろう。

そもそも横山緑はまろんのことを本気で愛していないから

最後に、
そもそも横山緑はまろんのことを本気で愛していないから

横山緑は、
配信内では、
まろんのことを本気で好き、
本気で愛しているような発言をしているが、
残念ながら、
私は横山緑はまろんのことを本気で愛していないと思っている。

勿論、
まろんのことは横山緑は、
かなり好きだと思うし、
それなりにまろんのことを大事に考えているように思う。

では、
なぜ私が上記のような考えに至ったのかというと、
それはまったんのことがあるからだ。

これは、
昔から横山緑のことを知っている暗黒リスナーならわかると思うが、
まったんの時と、
まろんの時では、
横山緑の接し方が全く違う

横山緑は、
まったんの時と比べて、
まろんのことを隠そう、
隠そうとしている

勿論、
横山緑が離婚した時期のこともあり、
変なまさぐりをされないためにも、
あえてまろんのことを横山緑が言わなかったということもあるかもしれないが、
普通、
本当に好きな相手ならば、
周りの人間に二人の関係を、
アピールしたくて
したくてしょうがないはずである。

それは、
まろんが一番わかっているのではないだろうか?

まろんは、
結局自分の口から、
横山緑との関係を暴露してしまったが、
確かにリスナーにウソをつくのが辛かったということもあるかもしれないが、
それ以外にも、
二人の関係性を、
多くの人間に知ってもらいたかったのでは無いだろうか?

本当に好きな相手ならば、
二人の関係を多くの人間に知ってもらいたいと思うし、
また多くの人間にアピールしたいと思うのは、
私は普通の感情だと思う。

事実、
横山緑もまったんとの時は、
これでもかと、
周りにアピールしまくってたし、
二人で配信することも、
横山緑は決して厭わなかった。

しかし、
まろんの時は、
まったんの時とは違い、
横山緑は二人の関係を隠そう、
隠そうとしている。

それはなぜか。

それは二人の関係が、
明らかになったら横山緑は困るからである。

そう。

二人の関係が明らかになってしまえば、
出会い厨が出来なく(出来にくく)なるからである。

横山緑が、
モテるのは、
飽くまでニコ生の狭い世界だけの話で、
彼の釣り場というのは、
残念ながらニコ生以外には無い

参照:横山緑がモテる3つの理由

ニコ生で釣りを行うためには、
まろんの存在というのは、
あまりにも邪魔なのである。

それは女性心理を考えてもらえばわかると思うが、
特定の相手がいる男性よりも、
(それも相手はニコ生で名前が売れまくっているまろん。)
特定の相手がいない男性の方が会いやすいし、
(自分に言い訳が出来るため。
そもそも横山緑と出会おうとする女性は、
同じニコ生での配信者や、
リスナーの中でも名前が売れている自己顕示欲の強い女性が多く、
まろんという女性の存在が明らかになっているにも関わらず、
もし横山緑と出会えば、
炎上することは完全に目に見えているため。)
そういう意味でも、
まろんの存在は、
たくさんの女性と出会い厨したい横山緑にとっては邪魔なのである。

というか、
そもそも横山緑の中では、
本気で愛していたと思われるまったんの時でさえ、
浮気を繰り返していたのだから、
横山緑は一人の女性を愛することの出来ない男なことは間違いないのだけど、
飽くまで私から見ればだが、
残念ながら、
まろんはまったんよりも、
横山緑に愛されていないように思う。

終わりに

非常に長くなってしまったが、
横山緑とまろんの二人の恋愛関係がうまくいかない理由は大体こんなところだろう。

これも、
以前の記事にも書いたが、
まろんはニコ生という狭い視野で、
物事を見すぎているように思う。

確かに、
ニコ生という世界で言えば、
横山緑の知名度は圧倒的なものがあり、
同じ配信者として、
横山緑のことを魅力的に思えるのはすごくわかるし、
横山緑がニコ生の世界で、
モテているのも、
非常にわかる

しかし、
それは飽くまでニコ生という狭い世界から見ればの話で、
もっと視野を広げてみれば、
横山緑よりも、
魅力的な男性なんてゴマンといるわけで、
まろんの年齢や、
人間性、
ルックスなども踏まえれば、
まろんさえ視野を変えて、
行動を起こせば、
横山緑よりも魅力的な男性なんて、
すぐに見つかるように思う。

横山緑は、
確かに配信者としては、
知名度もあり影響力もあり、
(実際横山緑はタレント性はかなりあると私は思っている。)
同じニコ生主のまろんから見れば、
男性としても、
横山緑は、
魅力的に見えるかもしれないが、
恋人、
彼氏、
結婚相手としては、
間違いなく落第点である。

まろんが、
将来を考えないような男性と付き合ってもいいと思うならば、
それはそれで、
横山緑と無駄な時間を過ごせばいいと思うが、
そうでないのであれば、
近い将来、
今の時間を後悔することはわかり切っている話
である。

かつて、
女性の婚期はクリスマスケーキに例えられた

クリスマスケーキは、24日のクリスマスイブに最も多くの人に食される。
翌日25日のクリスマスでもまだ大丈夫。
けれども、25日の午後8時を過ぎれば「見切り」が始まる。
そして翌日の26日には20%オフ、
27日には40%オフとなっていく。
すなわち日付が24日から遠ざかるにつれ、
クリスマスケーキの需要はなくなり、値段も下がっていく。
これを、巷では「クリスマスケーキ理論」というらしい。

女性は25歳から結婚が困難に!?クリスマスケーキ理論とは!?

今の時代は、
女性の社会進出も伴い、
女性が社会で活躍することが当たり前の時代になっているので、
それに伴い女性の婚期も遅れ、
(経済的に自立できる女性が増えているため。)
新たに年越しそば理論なるものも出ているらしいが、

<年越しそば理論>

年越しそばは新年になるとまったく価値が無くなる

女性も31を過ぎると結婚市場から除外されてしまう…

クリスマスケーキ理論 & 年越しそば理論

多くの女性から反感を買うことを恐れずに言えば、
女性の女性としての魅力というもの
は、
年齢と反比例していくことは、
間違いのない事実である。

私の記憶が定かならば、
まろんは今24歳だったと思うが、
まあ、
23、24くらいの時は、
そこまで気づくことが少ないかもしれないが、
私の感覚で言えば、
女性は27を過ぎたくらいから、
一気に人気が落ち始め
30も超えてくると、
全員ではないにしろ、
女性としての価値が、
若い時と比べて、
確実に下がってくる
(これはまろんも、
実際に年齢を重ねてみれば、
嫌が応でも実感することだろう。)

男性も確かに年齢とともに、
男としての魅力、
価値も落ちていくのだけど、
女性の落ち方とは全く別で、
逆に男性の場合、
様々な経験を積んだり、
また経済力を身に着けることで、
若い男性よりも、
ある程度年齢を重ねている男性の方が、
モテているというのは、
割とよくある話である。
(実際に、
若い女性などは、
(20代前半や20代半ばの女性など)
年下男性や同い年の男性よりも、
年上男性の方が好きな女性が多いだろう。)

女性が女性として輝ける時間は、
非常に短いのである。
(だからこそ、
若い女性というのは世間から圧倒的に需要があるのだけど。)

全てはまろん次第

恋愛は自由だ。

世間一般的に許されていない不倫でさえも、
こと日本においては、
法律に違反する行為ではない。
(倫理観や、
慰謝料の問題などは別。)

少し前までの日本では、
親が決めた相手との結婚や、
お見合い結婚などが主流だったと思うが、
今の時代、
そして日本においては、
どんな相手とも恋愛する自由が与えられている

お七の家は天和2年12月28日(1683年1月25日)の大火(天和の大火)で焼け出され、お七は親とともに正仙院に避難した。寺での避難生活のなかでお七は寺小姓生田庄之介[注 1]と恋仲になる。やがて店が建て直され、お七一家は寺を引き払ったが、お七の庄之介への想いは募るばかり。そこでもう一度自宅が燃えれば、また庄之介がいる寺で暮らすことができると考え、庄之介に会いたい一心で自宅に放火した。火はすぐに消し止められ小火(ぼや)にとどまったが、お七は放火の罪で捕縛されて鈴ヶ森刑場で火あぶりに処された。

八百屋お七 – Wikipedia

上記は、
江戸時代前期
江戸本郷の八百屋の娘で、
恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、
火刑に処されたとされる少女である、
八百屋のお七の話であるが、
今の日本では、
誰と恋愛しようが、
八百屋のお七のようなこともない

しのぶれど

色に出にけり

わが恋は

ものや思ふと

人の問ふまで

意訳:
私の恋心は、誰にも知られまいと心に決め、耐え忍んできたが、とうとうこらえきれず顔に出てしまったのか。何か物思いがあるのですかと人が尋ねてくるほどに。

小倉百人一首・平兼盛

何度でも言うが、
恋愛は自由だ。

そして、
自分が本当に好きな相手
本当に愛する相手と一緒にいる権利があるということは、
素晴らしいことだと思う。

しかし、
自由だからこそ、
そのすべての責任は、
重く自身の身に降りかかる

全ての決断は、
当事者であるまろんが行うべきだが、
女性が女性として輝ける期間は非常に短いことを頭に入れて、
悔いのないように行動すべきだろう。