何度か話をしていると思うが、
もし現状あなたがニートだと自分のことを自覚しているならば、
一刻も早くニートから脱出すべきである。

私自身も、
正確に言えばニートでは無いかもしれないが、
大学2回生の頃、
また社会人になってからも、
定職に就かずに、
俗に言うニートであった期間もあるが、
ニートの期間というのは、
基本的に人生において無駄でしかない

そんな私自身の体験も踏まえて、
今すぐニートから脱出しなければいけない理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

ニートでいるよりも仕事をしている方が精神的に楽だから

まず初めに、
ニートでいるよりも仕事をしている方が精神的に楽だから

今までニートの時期が無く、
常に仕事だったり学校などに行って、
順風満帆な人生を送っている人は絶対にわからないことだと思うが、
実際問題、
ニートでいるよりも仕事をしている方が精神的に楽である。

ニートでいることの一番の辛さは、
継続的な収入が無いということなのだけど、
お金が無いということは、
想像しているよりも遙かにつらいことである。

勿論、
仕事をしていても、
辛いことなんて山ほどあるが、
それでも比較するならば、
ニートでいるよりも、
仕事(アルバイト)をしている方が、
よっぽど精神的に楽である。

というか、
個人的には、
何年もニートでいることの方が、
仕事を続けることよりもよっぽど大変なような気がする。

時間をドブに捨てているだけだから

次に、
時間をドブに捨てているだけだから

ニートという時間は、
マジで人生の時間をドブに捨てているようなものである。

ニートは生産的なことなど一切せずに、
私なんかが学生の頃ニートだった時は、
ひたすらパチスロに通っては、
暇な時間は満喫に通ったりネットサーフィンなどをしていたが、
それはそれで当時は確かに有意義な時間だったかもしれないが、
今思えば完全に時間の無駄である。

ニートの期間なんて、
害悪でしかない

人生は積み重ねだから

次に、
人生は積み重ねだから

人生は積み重ねである。

仕事でもアルバイトでもそうだが、
様々なことを積み重ねていくことによって、
収入が上がったり、
社会的地位を築くことが出来る。

ニートでいれば、
この積み重ねるということは出来ない

自分に向いている仕事は必ずあるから

そして、
自分に向いている仕事は必ずあるから

例えばアルバイトに例えてみても、
何十、
いや何百という職種があり、
副業やネットビジネスなども含めれば、
それこそ無限に仕事なんてある。

あなたに向いている仕事は探せば必ずあり、
自分に向いている仕事ならば、
仕事をするというストレスから少しでも開放される可能性が高くなるだろう。

将来取り返しがつかなくなるから

最後に将来取り返しがつかなくなるから

先ほども話をしたように人生は積み重ねである。

どんな人間でも、
積み重ねをしていない人間は、
将来取り返しがつかなくなる。

ニートでいる期間が長くなればなるほど、
将来取り返しがつかなくなることが多くなる。

終わりに

個人的には、
ニートでいることが精神的に辛いことが、
ニートを辞めるべき最大の理由のように思う。

ハッキリ言って、
私の体験談からも、
働いている(アルバイトをしている)方が、
ニートでいるよりも精神的によっぽど楽である。

それは、
働くことによって、
継続的な収入を得ることが出来たり、
また職場などを通して、
人間関係を築くことにより、
うつ病などのリスクを回避することが出来るからだ。
(また人によっては職場などの異性との出会いを通して、
恋人を作ることが出来るのもメリットの一つだろう。)

ニートは百害あって一利なしである。

あなたに向いている仕事は探せば必ずあるのだから、
あなたが現状自分のことをニートだと思っているならば、
一刻も早くニートから脱出すべきだろう。

ニートから社会人復帰するための具体的な5つの手順