参照:http://kubotamanabu.com/blog/

最近の横山緑の立ち回りといっても、
そこそも横山緑自体配信をほとんどしておらず、
市議会議員になってしまったため、
私自身はもう配信者として横山緑を見ていないが、
それでも時間があるときに、
ツイッターなどでボチボチ情報収集をして、
それなりに情報もたまってきたので、
せっかくなので、
最近の横山緑の立ち回りについて、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

最近の横山緑

最近の横山緑といっても、
最近の横山緑に関しては、
彼が最近運営を始めたブログに、
殺害予告?と、
市役所の爆破予告をされて、
世間を騒がしたくらいの情報しか知らないが、
横山緑は今のアンチの多い現状を、
自分が生み出していることに気づいてはいないのだろう。

勿論、
本人のブログで、
本人に対する殺害を示唆するような書き込みや、
たとえ冗談のつもりであっても、
市役所などの爆破予告などは、
仮にインターネットで匿名だといっても、
それは絶対にやってはいけないことではあるが、
私個人としては、
横山緑に対するヘイトが、
今のこのような惨状を生み出しているように思う。

市議会議員について

これも以前に話をしたと思うが、
横山緑が市議会議員になったことで、
よく思わない人はかなり多いように思う。

少なくとも、
ネット上の横山緑を見ている限りでは、
とてもじゃないが横山緑に対して、
市議会議員に特性があるとは思えないし、
(リアルでは違うと横山緑本人は言うだろう。)
彼の所属するNHKから国民を守る党に関しても、
横山緑には強い思いが、
NHKに対してあるとも思えないし、
また、
政治に関して興味があるとも思えない。
(そもそも横山緑は選挙なんか行く意味が無いと言っていた人間である。)

実際のところ、
何を求めて市議会議員になったのかはわからないが、
(一般的には議員報酬目当てと、
市議会議員の地位が目当てと思われてもしょうがないだろう。)
議員になる理由も明白でなければ、
そもそも議員になるような人間では無いと私は思っているのである。

勿論、
これは何も横山緑、
いやくぼた学という人間の否定では無く、
私は横山緑は配信者、
そしてことニコニコ生放送という世界では、
長きの間頂点に君臨し続け、
事実、集客をする、
人を集めるという意味では、
圧倒的な才覚を持っていたように思う。
(そもそもニコ生の配信は基本的にはその人しか出演しないため、
単純に配信者自体に興味が無いと、
人が集まらないため。)

ただ、
横山緑のあくまで配信上での話ではあるが、
言動を見ていると、
とてもじゃないが、
議員の特性は無いと感じるのである。

ヘイトの真の原因

勿論、
人気者には嫉妬がつきもので、
どれだけ素晴らしい人間にも、
必ずアンチという人間は存在する。

それは、
単純に人気者を嫉妬する気持ちもあるだろうし、
同業者からの嫉妬などもあるだろう。

ただ、
横山緑に関しては、
さすがにアンチの数が増えすぎており、
そのアンチを大量に作ったのは、
何を隠そう横山緑の行動なのである。

私個人的な話でいえば、
一つが、
同じニコ生主であるまろんとの関係だろう。

あれだけまろんとは関係が無い、
そして付き合っていないと配信で豪語しておきながら、
結局影では付き合っていましたと配信でCO(カミングアウト)する。

このことは、
普段から横山緑の配信を見ていない人間でなければ、
なぜまろんと付き合っていたからといって、
そこまで横山緑に失望するのかわからないと思うが、
多くの暗黒リスナーを失望させたのは事実だろう。

事実、
それまでなだ万事件などがあったにせよ、
そこまで多くのリスナーを減らすことは無かった横山緑が、
まろんとの関係が発覚してから、
目に見えてリスナーの数が減ったように思う。

事実、
私もまろん事件から、
だんだんと横山緑の配信を見なくなったわけだし。

まろんの話は、
氷山の一角かもしれないが、
それでも横山緑は配信を通じて、
数えきれないヘイトを今まで作り上げている

市議会議員の間は少なくとも配信をするべきではない

またこれも個人的に思うことだが、
少なくとも市議会議員でいる間は、
ニコ生で配信をするべきでは無いだろう。

今回の、
殺害予告と、
市役所の爆破予告で、
横山緑本人も、
少しは思うところはあったのでは無いだろうか?

配信をしても、
リスナーのヘイトしか貯めないのだから、
市議会議員でいる間は、
配信をするべきでは無いだろう。

終わりに

まあどう考えてもあったまろんだよな、
暗黒放送崩壊のキッカケは。

私は、
かなり横山緑に好意的だったと思うのだけど、
あったまろん事件発覚以降、
さすがに配信を見る機会が激減した。

それは以前も話をしたと思うが、
単純に配信にまろんが絡むと萎えるからである。

別にまろんのことは好きでも無ければ嫌いでもないが、
横山緑の暗黒放送を見ているのに、
さすがにまろんが何度も配信に関連してくるのは、
萎える

激萎えである。

とにかくこれ以上ヘイトを貯めないためにも、
ニコ生での配信は一時休業すべきである。

今回のような悲劇をこれ以上産まないためにも、
明らかに生産性の無い暗黒放送をつづけるよりも、
少なくとも市議会議員である間は、
配信を控えるべきであろう。