参照:https://twitter.com/icchy8591

石川典行は、
私は配信者としては非常に高く評価しているが、
(youtuberでは無く配信者という括りならば、
現状石川が最も配信者らしい配信者といえる。)
そんな石川も当然問題点が無いわけでは無い。

この記事もどこに需要があるかわからないが、
せっかくなので、
私は思う石川典行の問題点について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

アンチとの向き合い方が下手

まず初めに、
アンチとの向き合い方が下手なこと

これは石川本人も、
至るところで話をしていることだが、
石川はアンチコメントに弱すぎである。

そもそもアンチは、
もともとその配信者が好きだったりする人物がほとんどなので、
アンチはほぼファンと同義だと私は思っているのだけど、
アンチを石川は排除しようとしすぎである。

そもそも囲いリスナーは、
確かにいれば配信者にとっては有難いことかもしれないが、
囲いリスナーにだって、
弊害が無いわけではない。

そもそも囲いが多すぎると、
新規リスナーは入りずらくなるわけで、
私個人としても、
一定数のアンチリスナーがいた方が、
コメントも盛り上がり、
面白い配信になるような気がする。

アンチが多すぎるのも問題ではあるが、
石川のように一切のアンチを受け付けない姿勢も、
(本人がアンチコメントに弱く、
効きすぎてしまうことも理由かもしれないが。)
明らかに配信者としては問題だろう。

youtubeに力を入れていないこと

次に、
youtubeに力を入れていないこと

個人的にも、
これはマジで意味不明である。

これもどこかで石川本人が、
動画よりも生放送の方が好きと話していた記憶があるが、
石川ほどの知名度があるのに、
今の時代にyoutubeをうまく活用しないのは、
愚行中の愚行と言わざるを得ない。

というか、
つい最近(最近でもないが。)まで、
石川はyoutubeに動画を上げていたと思うが、
なぜ途中で動画を上げるのを辞めてしまったのだろうか。

おそらくは動画を上げることは、
費用対効果が合わないことと、
本人が動画よりも生配信が好きなことが原因だと思うが、
さすがに石川レベルの知名度があれば、
今の時代につべに力を入れないのはもったいなさすぎる。

潜在的な石川リスナーを、
取りこぼしまくっている

いい意味でも悪い意味でも信念が強すぎる

最後に、
いい意味でも悪い意味でも信念が強すぎるところ

石川の配信者としての強みとして、
石川本人にしっかりとした信念があり、
またその信念を言葉にするのが非常に上手というところがあるのだけど、
逆にこの信念が強すぎるがゆえに、
おそらくだが周りの声が石川の耳に届いていない

まあ信念が強すぎることはそこまで悪いことでは無いような気がするが、
もう少し石川は柔軟にいろんな人の意見を聞き入れた方がいいだろう。
(とはいうものの、
今の石川の方向性というのはそこまで間違っていないと、
個人的には思うので、
今のままで全然問題無いと思うが。)

終わりに

特に石川の大きな問題点は、
アンチリスナーを排除しすぎなところと、
つべを利用していないところ

アンチにもメリットがあり、
アンチを排除しすぎる今の石川の姿勢は明らかに問題がある。

そして、
つべを利用しないことによる、
潜在的な石川リスナーの取りこぼしは、
今の石川にとって非常に大きな問題だろう。

アンチリスナーに寛容になり、
また本格的につべの活動に力を入れ始めれば
現状2歩3歩先を走る、
コレコレや加藤純一の背中を捉えることは、
十分可能だろう。