youtuberと配信者の区別が最近では曖昧になっているが、
動画よりも生配信をメインで行う人物を配信者と定義するならば、
配信者には中毒性があることは否めない事実だろう。

それは、
配信者に対するアンチの粘着性の異常さや、
また特にふわっちなどの投げ銭サイトで、
多額のアイテムを投げる囲いリスナーの存在からも、
伺い知ることが出来る

なぜここまで配信者に粘着する人物が多いのか、
そしてなぜこれほどまでに配信者を囲う人物が多いのか、
疑問に思う人もいるだろう。

そこで今回は、
配信者に中毒性がある理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

タレント性があり面白いから

まず初めに、
タレント性があり面白いから

配信者といっても、
過疎配信者から大手配信者まで様々おり、
また過疎と大手との区別も曖昧な部分もあるが、
例えば配信をすれば
常に1000人以上の同時視聴を抱えるような配信者は、
どの配信者もタレント性があり面白い

勿論、
人それぞれ好みがあり、
好き嫌いがあるので、
面白いということも一概には言えない部分もあるが、
個人的には好みの部分を抜きにしても
5000人以上の同時視聴リスナーを抱える配信者は、
どんな人物が配信を見ても、
それなりに楽しめるように思う。

特に、
あくまで私の中だが、
今だと配信者という括りでは、
トップ3は、
コレコレ(ツイキャス)
加藤純一(youtubeライブ)
七原くん(ニコニコ生放送)
だと思っているが、
この3人はそれぞれ抱えるリスナーの質は違うものの、
やはりどの配信もかなり面白く、
多くのリスナーを抱える理由がわかる

配信者の場合、
テレビとは違い企画などに多額の資金を投じているわけでは無いので、
単純にその人物が面白くなければ、
配信として成り立たないのだけど、
企画などの力に頼らず、
個人のタレント性のみで、
数千人規模のリスナーを集める配信者は、
どう控えめに言っても、
タレント性があり、
面白いと言えるだろう。

リスナーとの距離が近いから

次にリスナーとの距離が近いから

配信者はリスナーとの距離が近い

これも、
テレビタレントと違う点だろう。

リア凸(実際に配信者に会いに行くこと)なども頻繁に行い、
配信者とリスナーの距離が近いところも、
配信者に中毒性がある理由の一つだろう。
(配信者と距離が近い方が、
より配信者にのめりこみやすくなるため。)

クズなるが故の親近感

最後に、
クズなるが故の親近感

配信者は基本クズである。

しかし、
クズの方がどこか安心感を覚え、
共感することも多い

漫画カイジが絶大な人気を誇るのと、
同じ理屈である。

クズなるが故に、
配信者に親近感を覚えるのである。

終わりに

配信者というのは、
テレビがオワコンになってから、
特に価値を増してきた

また配信者はタレント性があり、
面白いので、
配信者にのめりこむ気持ちもわからなくは無いが、
基本的には配信者にのめりこんでも、
百害あって一利無しなので、
配信者とは適度な距離感で付き合うようにした方がいいだろう。