2018年8月1日
あくまで私から見ればだが、
コアアルゴリズムアップデートという、
私がアフィリエイトを始めてから5年目で、
過去最大にして最悪のクソみたいなアップデートが行われた

私がアフィリエイトを始めた5年前から、
グーグルは、
一貫して質の高い記事(サイト)の評価を上げるといっているが、
一体グーグルが言う、
質の高い記事(サイト)とはなんなのか

スポンサーリンク

SEOの現状

googleの理念、
というのは確かに立派なものだ。

常にユーザー目線に立ち、
ユーザーに役に立つサイト、
ユーザーの役に立つ記事を検索結果の上位に表示させようとする。

それが出来ているか出来ていないかは別にして、
ヤフーカテゴリとかいう、
クソみたいな制度を利用していた、
yahooの検索エンジンよりも、
余程評価できる。
(事実、
yahooの検索エンジンは、
後にgoogleの検索エンジンに統一されることになるが。)

しかし、
実際の検索画面はどうだろうか。

私はサイト作成者(アフィリエイター)でもあり、
一インターネット検索者(インターネットユーザー)でもあるので、
二つの目線から今のgoogleの検索画面を見ることが出来る。

まずは、
検索ユーザー目線から。

検索ユーザー目線からして、
確かに、
あまり知らないような物事であれば、
googleの検索エンジンはそれなりに、
正しい結果を返してくれる。

というか、
あまり知らない物事であれば、
そもそも検索しても、
その検索結果が正しいか正しくないかはわからないが。

しかし、
少しばかりその物事に関して詳しくなると、
googleの検索エンジンはゴミである。

たとえばある事柄を調べたくて、
検索したとしても、
私が知りたい検索結果が1ページ目の順位1位にあるということはほぼ無く、
大体は、
1ページ目の真ん中あたりか下位の部分、
もしくは2ページ目、
更にはその検索結果には現れず、
別のキーワードで検索して、
埋もれているということもある。

では次にアフィリエイター目線からの話をしていこうと思う。

アフィリエイター目線から言えば、
ハッキリ言ってgoogleの検索エンジンはゴミである。

というか、
特に最近のgoogleのアップデートに関してだが、
そもそも質の高い記事よりも、
訳の分からないペラッペラのゴミのようなコンテンツしかない
中古ドメインで作成されたサイトを上位表示させているし、
私目線でいえば、
自分がオリジナル情報を書いた記事(第一次情報源)なのに、
その2番煎じ、
3番煎じのような私のサイトのパクリ記事が、
私のサイト記事よりも上位表示
している。

結局、
google(機械)には、
質の高い記事を上位表示させるのなんて不可能で、
機械的に順位をつけるしか、
現状のgoogleは方法が無く、
なのでブラックハッターの餌食になっているのが、
今のgoogleSEOの現状のように私は思う。

今回のアップデートはマジでゴミ

アフィリエイターの間でも、
いろいろと言われているが、
今回のアップデートはマジでゴミ

権威性のあるサイトを上位表示させるか、
はたまた権威性のあるサイトからリンクを貰っているサイトを上位表示させているようだが、
そもそも権威性なんて検索ユーザーからすれば全く関心が無い

いいサイト、
いい記事というのは、
決して権威性のある人物が書いた記事では無いからである。

終わりに

もう本当に今回のコアリズムアップデートは、
私がアフィリエイトを始めてから
最大級にゴミのようなアップデート(実際にゴミ)だった。

今後、
この路線でgoogleが継続して検索結果を操作するなら、
私は今後一切の記事を、
web上に投稿することは無いし、
googleの検索エンジンを使うことは無くなるだろう。

と思わせるくらい、
マジでクソのようなアップデートであった。

まあ、
私なんかがこんなところで何を言おうが、
googleに影響することは1mmも無いのだろうけど、
私も今回のアップデートについて、
ツイッターやなどでアフィリエイターの声などをいろいろ調べてみたのだけど、
まあやはり私自身も今回のアップデートはマジでクソだと思う。
(特にアフィリエイターの間では、
クソという意見が多かったように思う。)

もう何回クソという単語を使ったかわからないが、
それだけマジで今回のアップデートはゴミだった。

そして、
今後、
それも近いうちにgoogleのアルゴリズムが改善されない限り、
私は二度とweb上に記事を書くつもりもなく、
googleの検索エンジンを利用することも無いだろう。

google マジで〇ねや