今となっては極端に狭いコミュニティとなってしまったニコ生でさえ、
うきょちに彼氏が発覚したことが、
大して話題にすらなっていないことを見ると、
今のうきょちの立ち位置や現状全てを表しているような気がしないでもないが、
うきょちの今回の彼氏存在をわざわざ自分の口から言ったことは、
大問題である。

スポンサーリンク

女性配信者はアイドル的存在

勿論、
人によって配信者をどのような角度で見るかどうかは、
変わってくるだろう。

しかし、
女性配信者を見ている多くのリスナー(特に男性リスナー)は、
女性リスナーのことを身近なアイドル的存在で見ている人が、
多いのでは無いだろうか。

確かに、
特に顔出しをしていない女性ゲーム実況者に対しては、
女性実況者をアイドル的存在で見ていないリスナー層も存在するだろう。

しかし、
多くのコメントが物語るように、
女性配信者を身近なアイドル的存在で見ているリスナーは比較的多いように思う。

危機感の無さが全てを招いた

youtubeのチャンネル登録者から見ても、
最近の集客の状況から見ても、
確かにうきょちはニコ生という狭い世界で見れば、
圧倒的な知名度があり、
女性ゲーム実況者という括りであるならば、
ニコ生をメインで活動している実況者の中では、
ニコ生で一番知名度があるといえるだろう。

しかし、
一歩ニコ生を外れて外部に出てみれば、
その集客力は決して大手とは言えず、
今現状のうきょちの集客力を考えれば
中堅配信者のような位置づけだろう。

特にニコ生では

特にニコ生という環境は特殊である。

youtuberは、
自分で企画等を考えて、
ほとんどすべてのコンテンツをそのyoutuberの力でを作成する。

しかし、
ニコ生主の場合は違う。

うきょちに限らずだが、
配信を盛り上げる多くはそのコメントであり、
またうきょちの場合、
大量の絵師がついており、
その絵師によってかなり支えられている部分が多い。

チャンネル会員費などは言わずもがなだろう。

そのコンテンツの多くを、
自分自身の力だけでは無く、
リスナーに頼っているのに、
わざわざ誰にもプラスにならないような、
彼氏の存在を暴露することは、
一体何のためだったのだろうかと、
厳しく問いたださずにはおれない。

全ては慢心が抱いた

特にうきょちは、
慢心している。

ニコ生の世界にいるから、
自分がちやほやされるだけで、
一歩ニコ生から外れてみれば、

うきょち?誰それ?

のレベルである。

何度も話をしているが、
ニコ生の世界にどっぷりつかり続ける限り
うきょちにはこれ以上先は絶対に無いと断言できるのだけど、
一体いつまでニコ生というぬるま湯につかり続けるのだろうか

終わりに

個人的な話を言えば、
私はうきょちに限らず女性配信者に対して一切の特別の感情を抱いておらず、
ぶっちゃけうきょちに彼氏が発覚しようが、
もっと究極的に言えば、
うきょちが配信を引退しようが、
オワコンになろうが、
どうでもいいことだ。

しかしながら、
うきょちをほとんど好意だけで応援しているリスナーの姿を見ると、
どうしても言わざるを得ない。

うきょちだって、
自分に対して好意を向けるリスナーがそう少なくない数いたことは、
うきょちにくるツイッターのDMや、
メールなどでもわかっていたはずである。

うきょちもいい年齢なので、
結婚するなとは言わないし、
彼氏を作るなとは言わない。

ただ、
なんの罪悪感も無く、
さらっと彼氏の存在を暴露出来る
うきょちの精神性
そして危機感の無さが最大の問題なのである。

うきょちに対して特別な感情を一切持ち合わせない私でさえ、
うきょちリスナーのことを思うと、
うきょちに激しい嫌悪感を抱いた。

もう昔のようには、
純粋にうきょちの配信を見ることは出来なくなるだろう。

うきょちは超えてはいけないラインを軽々と越えてしまった

さすがにサイコパスすぎる、
それは無い、
人として。

うきょちに限らずだが、
このような配信者に対する細かい不信感の積み重ねが、
そのコンテンツを終焉へと向かわせる

ネタ抜きで今回のうきょちの言動に対して、
非常に不快感を覚えた。

もう二度とうきょちの配信は見ねえよ!
とまではいかないが、
少なくともうきょちのことを応援しようとは思わなくなったという話。

うきょち 彼氏特定 うきょちゃんねる崩壊の日