参照:https://twitter.com/HI01862088

さてさて、
本日満を持して、
古参大手ニコ生主のうきょちの謝罪(ガス抜き)枠が開かれたそうだが、
いい意味でも悪い意味でも(どちらかと言えば悪い意味で。)、
それなりに謝罪枠も盛り上がったいたそうである。

スポンサーリンク

謝罪枠に関して

謝罪枠に関して、
特に思うところも無く、
うきょちの性格的に考えても、
そりゃ言い訳のオンパレードで開き直るわなといった感じである。

https://m.twitch.tv/videos/317073669

コメントも(特にニコ生の方)それなりに荒れていたようだが、
当のうきょち本人は、
どこ吹く風といった感じで、
多くの批判コメントに対して、
さして思うところもなさそうな感じが、
またうきょちの闇の深さを物語っているように私は感じた。

止まらないリスナー離れ

うきょちに対してそれなりに、
好感を抱いていた私でさえ、
今回のうきょちの彼氏発覚・特定までの流れに関して、
うきょちの言動・対応全てにおいて、
非常に不快感を覚えた。

特に私が不快感を覚えたのは、
リスナー(特にうきょちを支援している人物に対しての。
例えば投げ銭をしていたりチャンネル会員に入っていたり、
昔からの熱心なうきょちリスナーであったり、
ほとんど無償で毎回絵をうきょちに提供している絵師であったり。)に対しての、
あまりにも不義理で不誠実なうきょちの対応である。

そりゃ、
何度も話をしている通り、
うきょちはアイドルグループに所属しているわけでも無ければ、
恋愛禁止の制限を自ら課しているわけでもなく、
むしろうきょちの年齢的なことを考えれば、
当然彼氏の一人や二人いたところで全く不思議なことでは無く、
むしろ勝手に恋愛でもなんでもすればいいと思う。

しかしながら、
今回の彼氏発覚に関して、
そもそも誰も聞いてもいないのに、
うきょちが自らの口から、
なかばリスナーを煽るような形で公表し、
更にうきょちの彼氏が、
ツイッターでリスナーをさらに煽るような形で彼氏CO。

結果、
彼氏は古参リスナー(うきょちリスナー歴は4年らしい。)であることが発覚し、
うきょち曰く奇跡の出会い()らしいが、
結果的にはリスナーと出会い厨をしていたのが発覚したのである。

このことも何度か話をしているが、
別にリスナーと出会い厨しようが、
うきょちの人生なのだから好き勝手すればいいと思うが、
あのような半ばリスナーを煽るような形で恋人の存在を発表すれば、
うきょちをほとんど善意だけで応援しているリスナーは、
どう思うだろうか?

ツイッターやメールなどでは、
うきょちに対するそれなりに親交のあるリスナーは、
別に気にしていないような対応をするだろう。

しかし、
それは彼らが大人だからそういう対応をするのであり、
ハッキリ言って今回のうきょちの一連の言動は、
非常に不快感を覚えるものであり、
うきょちという人間性そのものを疑うレベルの行動であった。

うきょちに対するツイッターのリプや、
うきょちゃんねるの掲示板、
5chのうきょちの掲示板などを監視する限り、
私が今回うきょちに対して思ったことは、
他のうきょちリスナーがうきょちに対して思っていることと、
そこまでずれていないような気がする。

さよならうきょち

私個人的な話をすれば、
私はウソをつく人間が嫌いである。

そりゃあ生きていれば、
ウソをつかなければならない時もあるし、
当然相手を傷つけないためにウソをつかなければならないこともあるだろう。

しかし、
そのようなウソも私自身は嫌いで、
ウソをついて自分をごまかして生きるくらいなら、
正直に全てをぶっちゃけ、
それで相手に嫌われるなら別に嫌われてもいいと私個人的には思っている。

今回、
うきょちはウソをついた。

本人にウソをついた自覚はあったのか無かったのかは別にして、
明らかにリスナーに対してウソをついた。

うきょちは ” 最近” 彼氏と付き合った、
と言っていたが、
上記のようなことも、
うきょち本人が言う ” 奇跡 “ なのだろうか。

どうぞ勝手にリスナーにウソをつき、
不誠実な対応を取り、
好き勝手すればいいだろう。

我々リスナーは、
うきょちからそっと距離を置き、
もううきょちの配信を一切見なければ、
うきょちの話題を出すこともなく、
うきょちを応援することも無くなるだけだから。

終わりに

ただただ悲しいのは、
我々リスナーの方だ。

このことも至るところで話をしているが、
信頼を築くのには非常に長い時間を要するが、
信頼を失うのは一瞬である。

うきょちは曲がりなりにもこの6年間、
” それなり” に 真面目にゲーム実況を続け、
根強いファンを” それなりに “多く作ってきたのは事実だろう。

しかし、
今回のうきょちの彼氏発覚・特定に関する一連の言動により、
多くのうきょちリスナーはうきょちに、
大いに失望したことだろう。
(過去の度重なるうきょちの炎上劇場で、
そもそもすでにうきょちに対して失望しているという意見は置いておいて。)

リスナーのうきょちに対する不信感は、
更なるリスナー離れとした目に見える形で、
必ず現れることだろう。

リスナーに対して不誠実な、
不義理な対応を続けていれば、
人も去り、
人気も落ちるのは過去の多くの配信者が辿ってきた道なのだから。

目も覚め気持ちも冷めました

うきょち炎上劇場終焉 ぽかりとミクの恋愛茶番