七原くんは、
今すぐペンキ屋を辞めて配信者として、
配信業で生きるべき
である。

その理由について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

配信業は普通に稼げるから

まず初めに、
配信業は普通に稼げるから

これも至るところで話をしているが、
今の時代
配信業は稼げる

youtuberにしてもそうだし、
youtuberでは無く、
生配信がメインの配信者でも、
配信業専業でやっている人間なんて数多くいる。

いくら配信をして多くの人数を集められようが、
それで仕事にならなければ配信業なんてやる必要も無いが、
今の時代は配信者として十分に飯を食っていっている人間が多くいるので、
もし配信業で稼げるだけの能力があれば
普通に配信業をやった方がいい

七原くんには配信者としての才能があるから

次に、
七原くんには配信者としての才能があるから

七原くんの場合、
その集客力が物語るように、
主観的な話は抜きにしても、
配信者として間違いなく才能がある

しかも、
七原君の場合誰かとコラボして閲覧を稼いでいるわけでは無く、
自分で配信内容を企画したり、
家での雑談などでも多くの人数を呼ぶことが出来るので、
これはもう七原くんには配信者としての世間からの需要があること以外の
なにものでもない

むしろこれだけの人数を集めることが出来て
素人として配信をしていることの方が
おかしいだろう。

七原くんにはもうこれ以上失うものは何一つ無いから

最後に、
七原くんにはもうこれ以上失うものは何一つ無いから

七原くんにはもう失うものは何一つ無い

本名から、
顔、
学歴、
住所、
職歴、
女性遍歴、
その他ほぼすべての七原くんの個人情報がネット上に筒抜けであり、
もうこれ以上七原くんには失うものは何もない

顔を出していなかったり、
リアルの生活などで失うものがあるのであれば、
配信業専業になるかどうか熟考する問題ではあるが、
現状七原くんには失うものは一切無いので、
そういう意味でも、
才能がある配信を仕事にするべきだろう。

終わりに

これが七原くんが、
ニコ生でいうなら立ち見A~Bくらいしか立たない人間であれば、
(そもそも立ち見が立つこと自体、
普通に相当凄いことであるが。)
配信なんて仕事にしなくてもいいかとなるが、
七原くんの場合、
ニコ生という閉鎖的なコミュニティにも関わらず、
立ち見Nくらいまで立つのだから、
これだけ人気があるのであれば
さすがに配信を仕事にするのが正着のように思う。

そもそも配信業という、
今になっては完全に一つの仕事になっているという業界があって、
その配信の世界で、
トップクラスの集客力を持つ七原くんが、
なぜわざわざ遠回りして
決して適性があるとは言えないペンキ屋なんかをやっているのか
私には理解不能である。
(決してペンキ屋をdisっているわけではない。)

しかも、
そのペンキ屋も最近の七原くんの配信を聞く限りだと、
辞めたいようだし、
それならいっそのこと配信を仕事にして生きていく方が
よっぽど本人のためになるような気がするのは私だけだろうか。

そもそも七原くんは、
配信を仕事にすること(リスナーから金を貰うこと?)に異常なまでに嫌悪感を示しているが、
そんなことよりももっと気にするべきことは、
家賃を何か月も滞納して、
様々な人に迷惑をかけていることでは無いだろうか?

配信業だって様々な形があり、
リスナーから直接古事らなくたって
企業案件をしたり、
イベントに出たり、
またyoutubeに動画を投稿するなら、
リスナーの負担はほぼゼロで、
収益化をすることが出来る。

そもそも七原くんが、
しっかりと自分の配信の動画をyoutubeにあげれば、
ゴミみたいなアフィカスの論争だって無くなるはずである。

果たして七原くんが配信業になったところで、
悲しむ人間と喜ぶ人間、
どちらが多いだろうか。

確かに、
大勢の人間がそうだったように、
配信を仕事にすると
たいていの配信者は自堕落な方に流れていき
配信がクソつまらなくなる可能性が高いが、
それでも配信専業であっても
質の高い配信を続けている人間だって数は少ないが存在する

ぶっちゃけ七原くんが今のペンキ屋を続けていたって
誰も得する人はいないのだから、
自分が才能のある配信業という分野で、
更なる輝きを放つべきだろう。

配信で金を稼がない、
それは素晴らしい信念だ。

七原くんが、
配信で一切お金を稼いでいない姿は、
七原くんの最大の強みであり、
七原くんが嫌儲思想の強いニコ生民に受けている最大の理由だろう。

しかし、
配信で金を稼ぐことは何も悪だけではない

私は個人的には、
家賃の支払いを何か月も遅らせて
様々な人に迷惑をかけ
そして心配をかけさせていることの方がよっぽど悪のように思う。

確かに、
一部の人間は去るだろう。

そして一部の人間は七原くんのことを罵倒するだろう。

だが、
そんな人達の声なんてハッキリ言ってどうでもいい。

なぜならば、
そういう人たちが、
七原くんの将来の保証をしてくれるわけでは無いからだ。

去る人は去ればいいし、
残る人だけ残ればいい。

ニコ生は異常な世界だ。

配信業というのは、
何もニコ生だけの狭い世界では無い。

何度でも言う。

私なら秒速でボスに辞表をたたきつけ
秒速でペンキ屋を辞める

そして一刻も早く
配信業として生計を立てれる土壌を作る

なぜならば、
七原くんが今のペンキ屋の仕事を続けていても、
七原くん本人を含め、
誰一人幸せになることがないからである。

そして、
七原くんには配信者としてやっていける才能が、
十分過ぎるほどあるからだ。