アルバイトは確かに責任感も無く、
また大して能力も必要なく、
手っ取り早くそれなりにまとまったお金が手に入るので、
だらだらと長く続けたくなる気持ちもわからないでもないが、
アルバイトをだらだら続けていても将来性は無い。

スポンサーリンク

アルバイトの将来性

というのも、
全ては実体験ベースの話になるのだけど、
アルバイトには将来性は無い。

なぜならば、
給料の面でも、
保障の面でいっても、
どれだけアルバイトを長く続けようが、
アルバイトは所詮アルバイトのままだからだ。

アルバイトとの比較で、
正社員との比較がよくあると思うのだけど、
これは場所にもよるのだけど、
アルバイトと正社員と比較すると、
一般的には正社員の方が給料の面や、
待遇の面で優遇されていることが多く、
また見栄えなんかも正社員の方が圧倒的にいいだろう。

勿論、
今までアルバイトをしたことがなかったり、
アルバイトをしてもなかなか長く続かないような人は、
まずはアルバイトを長く続けるということに、
意味があると思うのだけど、
そうではなくただ単にダラダラと何年もアルバイトを続けているようであれば、
そのような生活を送っていても、
明るい未来が待っていることは少ないだろう。

とりあえず正社員を目指すのもあり

あなたにやりたいことや、
夢などが無い限りは、
とりあえず正社員を目指してみるというのもありである。

勿論、
正社員になったからといって、
決してバラ色の生活が待っているわけでは無いのだけど、
アルバイトをダラダラと長く続けるよりは、
また違った景色が見えてくる可能性も高い。

アルバイト先で、
正社員登用の道があるのであれば、
とりあえず正社員を目指してみるのもありだろう。

終わりに

私も今までの人生で数々のアルバイトをしてきたが、
アルバイトというのはどこまでいってもアルバイトであり、
責任感などが無い分、
その分給料面や、
保障面などでは、
正社員などと比較するとやはり格段に落ちてしまう。
(特に世間体などは、
正社員とアルバイトを比較すると、
正社員の方が圧倒的に良い。)

また、
ダラダラ同じアルバイトを続けていても、
あなたの将来のプラスになる可能性は非常に薄いので、
もしあなたに何かやりたいことや、
夢などが無いのであれば、
とりあえず正社員を目指して、
今のアルバイトを頑張ってみたり、
また新しい仕事を探して、
正社員を目指してみるのもありだろう。