あなたが学生なのか、
はたまたフリーターなのかはわからないが、
もしあなたに気になるアルバイトがあるのであれば
とりあえずやってみることが重要である。

スポンサーリンク

やらなければわからない

というのも、
このことは何もアルバイトに限った話では無いが、
アルバイトでいえば、
いくらあなたが想像力をたくみに働かせ、
また例えばあなたが気になっているアルバイト先に視察に行ったところで、
実際にそこの場所で働いてみないと、
本当にあなたに合っているアルバイトなのかどうか、
絶対にわからないからである。

仕事内容に関してもそうだし、
そのアルバイト先での人間関係など、
実際に働いてみなければ、
あなたにそのアルバイトが合っているかどうかもわからないし、
またその職場の人間関係が、
あなたに適しているかどうかも絶対にわからない。

実際に体験でもなんでもいいので、
その場所で働いてこそ、
あなたに合っているアルバイトなのかそうでないのか、
ハッキリするものである。

リスクが無い

また、
アルバイトのメリットとして、
気軽に辞めることが出来ることだ。

実際問題、
あなたがそこの場所で正規にアルバイトとして働くとなった場合、
どういう企業かにもよるが、
辞める時は死ぬ程めんどくさいのだけど、
(私の経験でいえばホワイト企業の方が辞める時はめんどくさいことが多い。)
推奨は出来ないが、
どうしても辞めたい場合は 飛ぶ という選択肢もあなたには存在する。
(飛ぶとは、
連絡を一切しないで(音信不通になり)辞めるということ。
ただ飛ぶことはそこの職場の人に多大なる迷惑がかかるので、
決して推奨は出来ないが。)

アルバイトの場合、
正社員と比べて、
気軽に辞めることがまだ可能なのだから、
(正社員でもその気になれば速攻辞めることも出来るが。)
そういった意味でも、
気になるアルバイトがあれば、
とりあえず始めて見るべきだろう。

働くその前に

というか実際問題、
そこの場所でアルバイトをする前に、
そもそも面接があるわけで、
アルバイトの面接は普通にしていれば落とされることは少ないと思うが、
(そもそもアルバイトに求められる仕事内容は、
どんな人でも出来る可能性が高いため。)
アルバイトの面接にだって落とされる可能性もある。

とりあえず気になるバイトがあるのであれば、
とりあえず面接だけでも行ってみるということは、
アリだろう。
(面接に行けばそこの場所のバイト先の雰囲気なども、
なんとなくつかめる可能性も高いため。)

終わりに

とにかく気になるアルバイトがあるのであれば、
思い切ってやってみるべきである。

そこのアルバイトがあなたに合っていて、
続けられそうならば、
続ければいいし、
もしあなたに合っていないのであれば、
すぐ辞めることも可能だからだ。
(最悪働き始めてすぐ飛べば、
アルバイト先にもそこまで迷惑はかからない可能性が高い。)

勿論、
全く興味がわかないアルバイトは、
そもそも試してみる価値も無いが、
あなたに少しでも気になるアルバイトがあるのであれば、
実際問題そこの場所で働いてみないとあなたに合っているかどうかは絶対にわからないので、
とりあえずは面接からでも受けに行ってみるべきだろう。