これもアルバイトに限った話では無いような気もするが、
アルバイトは始めてから1か月が勝負である。

スポンサーリンク

1か月あれば慣れる

というのも、
これも全て私の実体験ベースの話になるのだけど、
大体どんなアルバイトであっても1か月もすれば、
ある程度は慣れる。
(どれくらいの頻度でそのアルバイトに入るかにもよる。
例えば週5日、1日8時間、
そのアルバイトに入るのであれば、
1か月もあれば大体そのアルバイトには慣れるだろう。)
1か月同じ場所で働けば、
バイト先での人間関係や、
アルバイトの仕事内容など、
大体馴染むことが出来るというのが、
私の個人的な感想である。

逆に1カ月間は我慢

1か月あれば慣れるということは、
逆に最初の1か月間は我慢の期間ということである。

最初の1か月間は、
どんな人でも仕事を新しく覚えたり、
またその場所での人間関係を新たに構築したりと、
それなりに辛い期間なのだから、
最初の1か月間はある程度辛いものだと思って、
我慢をすることが重要だろう。

慣れれば普通になる

これも私の経験上の話であるが、
ある程度そこのバイトに慣れてしまえば、
後は普通になる。

あれだけ辛かった仕事に行くことも、
慣れればそこまで苦痛では無くなり、
(あくまで責任感の少ないアルバイトの場合。
責任感がそれなりに問われる正社員などの場合は別。)
アルバイトをすること自体普通になる。

あれだけ大変だと思っていたことが、
ウソのように楽になる。

その境地まで行けば、
そもそも仕事に行くこと自体そこまで苦痛では無くなるので、
ある意味アルバイトの真のメリットを享受できるといえるだろう。

終わりに

これは実際に今現在、
アルバイトを新しく始めて苦しんでいる人にとっては、
気休め程度にしかならない話かもしれないが、
実際問題慣れてしまえば、
ほとんどのことはどうってことなくなってしまう。

どれだけ辛いと思っていたことでも、
慣れてしまえばどうってこと無くなってしまうのが、
人間という生き物なのである。

とにかく辛い最初の1か月間はある程度は修行だと思い、
1か月間耐え抜くことだけを目標に、
出勤するのがいいだろう。

どんな人でも、
最初の1か月間は大変な思いをするからである。