女性問題が発覚してから、
メッキリと配信が少なくなった七原くんであるが、
(ペンキ屋に就職し始めてからもそこそこ配信頻度は落ちていたが。)

ついにツイッターでのつぶやきも、
無くなってしまった。

おそらくだが、
リアルでの生活(ペンキ屋)が忙しくて、
ネットでの活動どころでは無いのだろうが、
七原くんは、
このままインターネットの世界から、
フェードアウトしてしまうのだろうか。

スポンサーリンク

配信業は悪なのか?

ことあるごとに、
同じようなことしか言っていなような気もするが、
そもそも七原くん及び、
ニコ生を見ている人たちは、
配信業=悪
配信でお金を稼ぐこと=悪
という図式が頭にこびりつている人が多いような気がするが、
(私も古い人間なので、
配信業に関してはそこまで好意的には思ってないが。)
そもそも配信で金を稼ぐことって悪なのだろうか?

例えば、
youtuberに関して言えば、
自分でコンテンツを作成して、
自分で作成したコンテンツの動画に広告を貼り、
それなりに厳しいyoutubeの規約の中、
動画の広告収入で稼ぎ、
企業案件などに関しても、
企業がこのyoutuberなら宣伝効果があると思うから、
そのyoutuberに企業案件をお願いするわけで、
(そもそも費用対効果が悪ければ、
企業が直接youtuberなどに案件をお願いすることなど無いだろうから。)
配信者ならば、
配信者が投げ銭を貰うことは、
古事記古事記と言われているが、
そもそもその配信者に対して、
価値を感じる人間がいるから投げ銭をしているわけで、
この配信業並びにyoutuberが否定されるのであれば、
実際問題ほとんどの仕事が否定されるのではないだろうか。
(配信者が古事記というならば、
プロのスポーツ選手だって広義の意味では古事記になってしまうため。)

そもそも、
配信者もyoutuberも、
一部のトップの配信者やトップyoutuberが目立つので、
あたかも楽して金を稼いでいるように見えるが、
実際問題トップyoutuber、
トップ配信者なんて本当に一握りの才能がある人物しかなれないもので、
どういう形であれ配信のみで生活をしている人間なんて、
間違いなく配信者として才能がある人間である。

配信業が古事記古事記だというならば、
試しにあなたもどういう形であれ配信をしてみればいい。

もしあなた自身が配信をしてみれば、
他人というものは恐ろしいくらい自分に関心が無いということ、
そして人を呼ぶことの大変さ、
そして人から投げ銭を貰うことの大変さを、
身に染みて感じることが出来るはずである。

七原くんの才能

特に日本では、
出る杭は打たれるという悪しき習慣があるので、
youtuberのようにあたかも楽をして金を稼いでいるような人間を見たりすれば、
重箱の隅をつつくように一斉に袋叩きにするが、
そもそもyoutuberにしろ、
配信者にしろ、
当然不遇の時代というものがあり、
ほとんどの配信者・youtuberは不遇の時代を乗り越え、
人気youtuber、
そして人気配信者になっている。

勿論、
人によってはあっという間に配信者やyoutuberとして花を咲かせる場合もあるが、
ほとんどの配信者ならびにyoutuberは、
俗に言う不遇の時代を過ごし、
そして人気が出るのであろう。

配信者やyoutuberの不遇の時代を知らずに、
ただ表面的な部分だけを見て、
配信者・youutberを叩くのは、
あまりに愚かと言わざるを得ない。

リアルの世界に幸せは無い

このことも何度も言っているような気がしないでもないが、
七原くんがいかにリアルの世界に没頭しようが、
そこには幸せなんてものは無い。

なぜリアルの世界に幸せは無いのかと言えば、
七原くんは社会不適合者だからだ。

七原くんが、
リアルの世界で必死に頑張っていることは、
それはそれで素晴らしいことだと思うが、
しかし七原くんが仮に今の仕事を頑張り続けたところで、
今の仕事で大成することは難しく、
逆に職場の人間に迷惑をかけ続けるだけになるだろう。

七原くんの話を聞く限り、
とてもじゃないが普通の仕事をしていて、
七原くんが大成するとは思えないのは、
決して私だけの感情では無いだろう。

配信業も立派な仕事

結論何が言いたいのかと言えば、
配信業も立派な仕事だと言うことだ。

実際問題、
ツイッターなどを監視していると、
七原くん待望論が溢れ、
私自身、

あくセブンは配信せえや

と思うことも多い。

これだけ七原くんに配信してほしい人がいて、
そして七原くんも配信が好きで、
そしてなおかつ配信業という配信で稼ぐことが出来る土壌が今ではあり、
そもそも世間の仕事からの需要が一切無い七原くんが、
なぜリアルの世界で生きようとするのか私には謎である。

終わりに

100歩譲って、
七原くんが普通の仕事もバリバリこなし、
リアルの世界でも求められる人材なのであれば、
そこまで配信業にこだわる必要も無いかもしれない。

しかし、
そうではなくどうひいき目に見ても、
七原くんは世間の仕事からは需要は無く、
そして配信の世界ではむちゃくちゃ需要があるのだから、
配信業以外の選択肢はあり得ないだろう。

七原くんは、
このままインターネットの世界から消えてしまうのだろうか。

黒歴史をこれでもかとインターネットにばらまき、
今ネットの世界から消えてしまっては、
それこそこれまでのすべての活動が無駄になってしまう。

今こそ七原くんは、
配信業に転身すべきだ。

七原くんはリアルの世界で生きても幸せは無い

なぜなら
七原くんは社会不適合者だからだ。

リアルの世界なんか今すぐ捨て置き、
七原くんは自分が本当に輝けるインターネットの世界で生きるべきだ。