この記事もどこまで需要があるかどうかはわからないが、
社会人ならいざ知らず、
学生の場合、
俗に言う友達は多い方が、
メリットが大きいように個人的に思う。

だが、
学生の中には、
なかなか友達が出来ない、
このように悩む人もいるかもしれない。

そこで今回は、
実体験を基に、
大学生が友達を多く作る方法について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

なぜ友達が出来ないのか

あくまで私視点の話になるが、
なぜ友達が出来ないのかと言えば、
それは友達を作る行動をしていないからのように思う。

私が今現状パっと思いつく限り、
大学生が友達を作る場所として思い浮かんだものは、

・大学一回生の時の初期ゼミ
・大学の学籍番号が近い語学などの必修が同じの学生
・サークルが同じ
・バイト先が同じ
・運動部に所属しているなら運動部が同じ

などだろうか。

まずあなたは現状、
このような集まりの輪に積極的に参加しようとしているだろうか?

学生ならば、
よくあるのが飲み会などであるが、
例えば上記のような場所で開かれた飲み会などに、
あなたは積極的に参加しているだろうか?

自分から友達を作りに行っていないのが友達が出来ない最大の原因

結論を言えば、
あなたが友達が出来ないのは、
自分から友達を作りに行ってないからなのだ。

学生というのは、
基本横のつながりや、
縦のつながりが強く、
同じ大学や、
同じ大学生、
同じ年齢というだけで、
学生は基本ノリのよさだけで生きているので、
簡単に友達になれる可能性が高い。

私が学生の時の話でいえば、
そういう学生が多く集まるような場所に行けば、
携帯のメモリ(私が学生時代は、
今のようなスマホではなく、
まだパカパカのガラケーが主流だったのだ。)
なんて一瞬で埋まり、
(もちろん、
ある程度自分から話しかけ、
自分から連絡先を聞くということはしていたように思うが。)
当時はfacebookでは無く、
mixiがはやっていたので、
マイミクなんて無限に増えたものだ。

確かに陽キャラの方が友達を量産するうえでは、
有利なことは有利かもしれないが、
先ほども言ったように、
学生なんてノリの良さだけで生きている生き物なので、
あなたが多少ノリがよく同じ学生と接すれば、
それだけで、

お、こいつおもろいやん、
ノリめっちゃいいやん

となり、
一瞬で友達になれる。

学生が友達を作るためには、
そこにはコミュニケーション能力なんて必要なく、
ただ同じ学生が集まる出会いの場に顔を出すだけで十分なのである。

終わりに

大学生の場合、
高校や中学のように、
ただ黙っていれば周りが動いてくれるという環境では無く、
自分から積極的に行動することが重要である。

あなたが現状、
友達がいないと思っているのであれば、
それはあなた自身が行動していないことが、
ほとんどの原因である。

大学生というのは、
帰属意識が非常に強いので、
同じ大学生同士だと、
簡単に友達になりやすい。

同じ学生が集まる場所に行き、
少しだけ積極的になれば、
あなたが陽キャ隠キャ関係なく、
必ず大量の友達を作ることが出来るだろう。