参照:https://twitter.com/hatiware880

雑談系生主として、
古参配信者うきょちの、
事実上の引退について、
思うところについて話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

言わんこっちゃない

そもそもだが、
うきょちが誰に言われたでもなく、
自らの口で自らの配信で、
彼氏できましたCOをしたその瞬間から、
私はなんとなくこの流れを予期していたのだけど、
あれよあれよという間に、
あっという間に彼氏との同棲になり、
そして定時配信が無くなるとなったので、
予感というものは意外にも的中するものだなといった感じである。

そもそもだが、
うきょちのリスナーというのは、
私が思うに30代40代の社会人男性リスナーが多く占めると思うので、
20時からの定時配信が無くなり、
夜の配信が出来なくなるともなれば、
これは事実上の引退といっても過言では無いだろう。

全ては自分が蒔いた種

何より残念というか悲しいというか無念だなと思うのは、
うきょち自身が今回の件をそこまで重要視していないことである。
(重要視していないように見える。)

定時配信が無くなり、
明らかにリスナーが減り、
またチャンネル会員なども大幅に減りそうな予感がするのだけど、
そこまでうきょち本人が危機感を感じていなく、
また焦りもしていない様子である。

これはやはり、
現彼氏との結婚が秒読みなのでは無いだろうか?

結婚するから別に収入がなくなっても、
少なくなっても構わない、
このようにうきょち自身が思っているように私は感じる。

彼氏を選んだうきょち

このことも何度も言っているような気がするが、
結論うきょちは配信(リスナー)よりも、
彼氏を選んだということである。

本当にただそれだけのことで、
そもそも配信が大事であり、
リスナーが大事であれば、
彼氏なんかを作ろうとするわけもなく、
またわざわざ炎上すること必至で、
彼氏が出来たことを放送で言う必要も無いだろう。

ただ、
うきょちの立場に立ったり、
うきょちの家族の立場に立てば、
このまま結婚して家庭に入り、
完全にインターネットの世界から足を洗うのもいいのではないだろうか。

本人に配信のやる気やモチベーションが無い以上、
外野が何を言っても無駄だろうから。

終わりに

このことも何度か話をしているが、
うきょちの今回の事実上の引退に関しては、
私個人的には残念とか悲しいとかいうよりも、
そう、
例えていえば、
好きなだったテレビ番組が打ち切りになったり終わるような感覚で、
(好きな漫画が連載終了になるような感覚とも似ている。)
別にうきょちに対して特別な感情があるわけでも無ければ、
うきょちの配信に対して依存していたわけでは無いので、
ふーん、そうなんだ、
くらいの感覚である。

このことも何度も言っているが、
うきょちの人生であるし、
うきょちの年齢的にも、
仕事よりも彼氏を優先し、
結婚を優先することは世間一般的な感覚でいえば、
別におかしなことでは無いだろう。

ただ、
うきょちに一言言っておくならば、
もしうきょちがまたインターネット配信者として返り咲こうと思っても、
うきょちには以前のような居場所は無いということだけは言っておく。

それだけリスナーを裏切った罪は重いし、
簡単に許されるものでは無いからである。

私はうきょちのアンチでも囲いでも無いが、
もううきょちに残された道は今の彼氏と結婚して、
配信から完全に足を洗うか、
趣味としてほそぼそと配信をするくらいしかないだろう。

全ては自分の蒔いた種だ。

その種が遅かれ早かれ芽生える

ただそれだけのこと。