参照:https://twitter.com/moretsu_kuroe

さてさて、
こうやって何度も引退したかどうか、
そして今後復活することがあるのかどうかもわからないような人物の記事を書いているということは、
私も七原くんに対してそれなりに関心があるということなのだけど、
何度も話をしている通り、
七原くんは一刻も早く配信の世界に戻ってくるべきだ。

そう、
手遅れになる前に。

スポンサーリンク

続々と配信で金を稼ぐ人間が増えている

七原くんをYouTubeで知った人も多いかもしれないが、
元々七原くんを見ている人たちは、
ニコ生の民の人たちが多いと思うので、
あくまでニコ生の世界でいえば、
今まで配信を通じて金を稼ぐことをかたくなに拒否してきた人物が、
続々と配信を通じて金を稼ぐようになってきている。

そんな配信で最近金を稼ぎだした人物で、
ニコ生民にとって一番なじみが深い人間といえば、
かなただろう。

ご存知の通り、
かなたは今までずっと配信で金を稼ぐことを否定しており、
また実際に配信を通じてお金を稼いでいなかったのだけど、
(実際は知らんが。裏で金を貰っているかもしれんし貰っていないかもしれん。)
それがつい最近ではコミケで、
自分の写真集(3000円)を売り、

かなたいわく、
300部完売したそうである。

また、
コミケ以外にもかなたは配信で金を稼いでいく方向にもっていくことを明言しており、

実際にかなたほどの知名度や人気があれば、
少なくとも配信を通じて飯を食っていくのに困らないくらいには、
稼ぐことが出来るだろう。

またほかにも、
日南(かなん)という女性生主も、
最近ニコ生ユーザーチャンネルを取得し、
(私は日南(かなん)のことはあまり知らないのだけど、
日南も配信で稼ぐことに肯定的では無かったぽい。)
ハッキリと配信で金を稼いでいくことを明言している。

このように今まで配信を通じてお金を稼ぐことに否定的だった多くの人物が、
実際に配信で金を稼ぐようになってきていることは、
紛れもない現実なのである。

配信で金を稼ぐことが悪ではない

これは主観的な話にもなってしまうのだけど、
そもそも配信で金を稼ぐことが悪ではない。

悪なのは、
金・金ばかりになり配信がつまらなくなってしまうのが悪なのであって、
配信が面白いのであれば、
配信者が金を稼ごうが稼ぐまいが、
ただのリスナーならばそこまで気にならないのではないだろうか。
(面白いテレビタレントの年収がいくら高かろうが、
そこまで気になることが無いのと同じ感覚。)

これまた実際に例を出してみると、
例えば配信者で今人気がある、
コレコレ・加藤純一・石川典行など、
3人とも思いっきり配信を通じて金を稼いでいるが、
(コレコレ・加藤に関しては事務所にも所属している。)
面白い・面白くないはその人物の主観によるところが大きいということは考慮しても、
実際問題、
コレコレ・加藤・石川の配信は面白く、
また多くのリスナーを抱えていることも事実である。

確かに、
配信で金を稼ぐようになり、
失敗した例も多く存在するが、
少なくとも、
石川やコレコレ、そして加藤のような配信を通じて思いっきり金を稼ぐスタイルで、
多くのリスナーを抱えている配信者が存在する以上、
決して配信で金を稼いだからといって、
その配信が面白くなくなるのではなく、
また人気が無くなるものでは無いだろう。

今が最大のチャンス

このことも以前に話をしたような覚えがあるが、
七原くんは配信者として大きな才能がある。

七原くんは、
以前の配信で、

みんなが俺のことを持ち上げ過ぎ

と話をしていたが、
今の時代これだけ多くの配信者が存在し、
その多くの配信者の中でトップクラスの集客力を誇り、
人気を誇っていた七原くんは、
配信者として才能があることは間違いないだろう。
(個人的には、
七原くんは配信では自分が好きなことをしているだけと話をしているが、
見ているリスナーを喜ばせる努力は、
かなりしているように思う。)

私も七原くんの配信を全て監視しているわけでは無く、
また七原くんに実際出会ったことも無ければ、
七原くんの知り合いでもなんでもなく、
あくまで七原くんが配信を通じて見せる姿を見ての話になるが、
七原くんに配信以上に才能があることが、
彼が生きている間には見つかることは無いだろう。

2018年1月現在、
今最も集客力があるのは、
ツイキャスをメインで配信を行うコレコレだと思うが、
コレコレの配信者としての点数を100点だとすると、
七原くんは90点~95点くらいの素質があるだろう。
(さすがの七原くんでも今のコレコレに勝つことは出来ないだろう。)

これだけ才能があるのに、
他の才能が無い分野(ペンキ屋)で頑張ろうとすることが、
私には理解不能である。
(もちろんリアルの世界で頑張ろうとすることは、
それはそれで立派なことではあると思うが。)

配信業も立派な仕事

確かに、
七原くんもそうだと思うし、
私なんかももう10年以上ネット配信を見ており、
そんな古くからネット配信並びにネットに触れている人間からすると、
配信で金を稼ぐことなんて、
あり得ないことだし、
言い方は悪いが凄いダサいことのように思ってしまう。

ただ、
今は本当に時代が変わり、
例えばVtuber(バーチャルユーチューバー)などに高額の投げ銭をする人物が多くいるように、
配信で金を稼ぐということは、
当たり前の時代になっているのである。
(showroomやふわっちなどの配信サイトで、
高額の投げ銭がされているのもそうだろう。)

確かに、
七原くんの言うように配信で金を稼ぎたくないという気持ちは痛い程わかるし、
また私自身も、
もし自分が配信者ならば、
配信を通じて投げ銭を貰うなんてこと絶対にしたくないし、
死んでも誰かから施しを受けたいとは思わないだろう。

ただそれは私や七原くん、
また古くからいるニコ生の老害リスナーの考え方で、
今の時代は決して配信を通じて金を稼ぐことは恥ずかしいことでは無いのだ。

そもそも、
強制されているわけでもなく、
投げ銭をしている人物は、
みな自主的に投げ銭をしているのだから、
別に投げ銭自体否定されるようなことでは無いだろう。
(何度も話をしているが、
個人的には投げ銭は好きでは無いが。)

才能があるから出来ること

無論、
配信業をやれなんて誰に対しても言えることでは無く、
プロのスポーツ選手や、
お笑い芸人などと同じで、
才能があるから出来ることであり言えることである。

今の若い人は知らない人も多いかもしれないが、
私が小学生の頃、
今からもう20年以上前の話であるが、
昔のテレビというのはマジで神がかり的な面白さを誇っており、
その中でも、
私が特に好きだったのは、
島田紳助という芸人である。

そんな紳助は、
昔松本人志と松本紳助という番組をやっており、
(ちなみにだが今は松本人志がテレビ業界では重鎮のような立場になっているが、
私から見れば紳助と比べれば松本なんてgmである。)
私は松本はそこまで好きでは無いが、
紳助はむちゃくちゃ好きだったので、
毎週録画をして松紳を見ていたのだが、
(松紳は深夜にやっていたのでリアルタイムでは見れなかったのである。)
そんな松紳の中で、
紳助がこんなことを言っていた。

おもろい人間というのはもともとおもろい。
俺なんて努力なんかしてへんもん。
小学生のときからやっていること一緒やで。
小学生のときの延長線上が今やわ。

(正確には覚えていないが確かこのようなことだったように思う。)

紳助の言葉を借りるわけでは無いが、
配信者やYouTuberなんてまさにそうで、
そもそも配信者なんて歴が長かろうが短かろうが、
面白い人物は出てきた瞬間面白いし、
つまらない人間はいくら配信を続けようがつまらないのである。

そういう意味では、
実際の数字が物語るように七原くんには配信者として圧倒的に才能があるのだから、
才能のある分野で活躍するべきのように思う。

終わりに

このことも何度も話をしているが、
七原くんには、
配信の世界で十分食っていけるほどの才能があるのだから、
今すぐくだらないプライドを捨てて、
配信の世界で生きていくべきのように思う。

ツイッターなどで、
七原くんで検索をかけてみても、
実際問題アンチの声よりも、
七原くんの配信を待望する声の方が圧倒的に多いように思う。

私個人的にも、
例えば今回の大炎上の件に関して、
ハッキリ言ってそこまで不快に思うことは無かったし、
別に七原くんに対して怒りなどの感情や、
裏切られたという感情を抱くことは一切無かった。
(ただ申し訳ないが、
七原くんの過去動画のミラー配信などでは、
アンチコメントはたらふく書かせていただきました・・・。)

くだらないちっぽけなプライドなんて、
今すぐ捨てて、
今すぐ配信業に転身するべきだ。

誰がどう考えても、
普通の仕事をするよりも、
今さら本名もバレ、
ありとあらゆる個人情報をネットにさらされている七原くんにとって、
失うものなんて一切無いからである。

親戚の目線が気になるのであれば、
配信で一気に金を稼いで、
今ある借金を秒速で返済し、
両親や親せきに温泉旅行でもなんでもプレゼントしてあげれば、
親せきや両親の目なんて一瞬で変わる。

七原くんが配信業をやって、
金を稼ぐことによって、
借金も返済し、
リスナーも七原くんの配信が見れてハッピーであり、
職場の人たちも七原くんというお荷物がいなくなりハッピー。

みんなハッピーになれる。

逆に七原くんが、
いつまでもリアルの世界にしがみつく限り、
借金は膨れ上がり、
会社の人も七原くんがいて迷惑し、
そして七原くんも仕事が出来ない自分にイヤになり、
みんな不幸になる。

どちらの道を選ぶことの方が利口なのかは、
どんな人間でもすぐにわかることだろう。

七原くんは配信で金を稼がないというくだらないプライドは今すぐ捨てて、
みんながハッピーになれる配信業の世界で、
今すぐ生きるべき。