この話題も、
相当コアというか、
ほとんどの人がそこまで関心が無い可能性が高いが、
一応話をしておく。

てんこみ(天狐 爾)という、
女性配信者(ニコ生主)が、
ニコ生(そもそもネットの世界からか?)から、
ついに完全撤退(引退)するようなので、
思うところについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

勝手にすればいいというのが本音ではあるが

というのも、
これはてんこみに限った話では無いが、
そもそも私の人生に微塵も関係しないてんこみが、
配信を引退しようがしまいが、
ネットの世界から消えようが消えまいが、
その人その人の人生なので勝手にすればいいと思うのが本音なのだけど、
そもそもてんこみに限ったことでは無いと思うが、
多くの配信者やyoutuberを始めとした、
ネットで自己表現をしているような人は、
(人気がある、人気が無いは別にして。)
何らかの理由でリアルの世界になじめなかったり、
またリアルの世界よりもネットの世界の方が好きだから、
ネットの世界で自己表現を始めたと思うのだけど、
それをまたリアルの世界が忙しくなり、
没頭したいからという理由だけで、
ネットの世界から足を洗うという発想が私には理解不能である。
(そう言うなら最初からネットの世界には来ずに、
リアルの世界で頑張れやという話。)

少なくとも、
てんこみに関しては、
ニコ生の世界においても、
また彼女が別人格と言ってはばからないyoutubeのアカウントの人間にしても、
ネット民にはかなり受け入れられており、
また事実人気がありネットの世界で需要があったわけで、
その需要のある世界を捨て
決して需要があるとは思えないリアルの世界にまた舞い戻っていく姿は、
決して利口だとは思えない。

youtuberや配信者に限らずだが、
もうネットの世界とリアルの世界の境界線なんて、
非常に曖昧になってきており、
特に若い世代
(10代や20代前半を始めとした世代)の人間にとっては、
リアルの世界よりもネットの世界の方が重要という人間も多く存在し、
せっかく昔から配信者として活動してきたてんこみ、
そして今ではyoutubeやニコ生などで、
かなりの知名度があるのにも関わらず、
その世界を捨て、
私からすればネットの世界の下位互換である、
リアルの世界に舞い戻るというのは
非常に滑稽である。

いいとこどりだけは不可能

このことは、
てんこみもおそらくよく見ていただろう、
レジェンド配信者であるウナちゃんマンが過去の配信で言っていたことであるが、

配信者になって人気者になっていいとこどりだけなんて不可能
人気になったり知名度が出ればそりゃアンチなんて出てくる

と言っていたが、
(正確な言葉は覚えていない。)
このことはこの世の真理であり、
物事には必ず光の局面と陰の局面がある。

例えば、
配信者で言えば、
人気配信者であれば、
確かに配信だけで十分すぎる程のお金を稼ぎ、
またネット上でもちやほやされ、
男性の人気配信者であれば、
女性にも困らないような生活を送ることが出来るようになるだろう。
(人気配信者には、
有名人ならば誰でもいいというような頭カラッポの女性が多く集まってくるため。)

私は配信者でも無ければ、
人気配信者でも無いので、
あくまで配信者の話を見聞きした想像でしかないが、
上記のことが光の局面であれば、
逆に陰の局面で言えば、

・顔出ししている配信者であればありとあらゆる個人情報が特定され、
永遠に消えること無いデジタル(ネット)タトゥーがネット上に残る。
・今ならば5chを始めとした匿名掲示板に、
あること無いことが書かれ全くいわれのない誹謗中傷を受ける
・熱狂的なファン(囲い)からリア凸などの被害を受け、
また人によってはストーカーされることもある。

などだろうか。

このことは、
何も配信者だけの話では無く、
リアルの世界でも同じようなことが言え、
例えば人気アイドルグループに所属しているような女性タレントだって同じことが言えるだろう。

もう何年も同じことが繰り返されているが、
例えば今ならばAKBグループなどが、
恋愛禁止などもあるが、
当然自由に恋愛することも許されず、
(恋愛をしていることがバレれば人気者であればあるほど、
週刊誌に取沙汰され世間(ファン)から叩かれ芸能界から干される運命が待っている。)
またファンからのストーカーに悩まされることもあるだろうし、
これはタレントのような特別な職業だけの話では無く、
どんな職業だろうが、
言えることだろう。

この世の中に生きる以上

この世の中に生きる以上、
いいとこどりは不可能だ。

それは、
リアルの世界だろうが、
ネットの世界だろうが一緒である。

別にリアルの世界だからと言って、
特別聖人ばかりがいるわけでは無いし、
ネットの世界だからと言って、
特別悪人ばかりがいるわけでは無い。

というかそもそもネット社会だからと言って、
特別問題があるわけでは無く、
私なんか今から10年以上前の、
決してネット環境が整っていなかったそんな時代から、
2chの学校の掲示板などで、
実名で悪口を書かれ続けている。

決してリアルの世界だけがてんこみの想像するようなユートピアなのでは無く
この世の中に生きる以上
どんな物事にも光の側面と陰の側面があり
それを受け入れて生きていくしかないのである。

終わりに

なぜてんこみに対して、
全くつながりの無い第三者の私がここまでいろいろと言うのかというと、
これも言わなくてもある程度わかるかもしれないが、
単純にてんこみがネットの世界から消えることはもったいないと思うからだ。

シンプルに言えば、
てんこみの存在というのは、
ネットの世界においては需要がある。

つべで、
囲われまくっているのが何よりの証拠だし、
そもそもニコ生民にも、
てんこみは囲われまくっている。

てんこみは、
ひょっとすれば配信中に悪口を言われることを、
本気で嫌われていると思っているかもしれないが、
もしそう思っているならばそれはとんでも無い間違いである。

そもそも、
人間は本当に興味が無い、
また嫌いな人物に対しては関わろうとはしないだろうし、
ましてやその人の配信に行って、
アンチコメントを書いたりなんて絶対にしない。

少なくとも、
その人物に関心があり、
興味があるからその人物の配信に行くのであり、
アンチコメントを書くのである。

そもそも、
ニコ生の世界で言えば、
アンチコメントなんてアンチコメントでは無く、
では逆に、
可愛いねとか面白いねとか、
そういうコメントを打てばいいのだろうか?

私からすれば、
そんな毒にも薬にもならないようなコメント程、
アンチコメントのように思うのだけど。

人気者になればなるほど、
必ずアンチと呼ばれるような人間は出てくる。

それに嫌気がさすのであれば、
リアルの世界に戻ればいいと思うが、
リアルの世界でてんこみがネットの世界以上に需要があるとは思えない。

個人的には、
需要があり才能のある、
ネットの世界で表現者として顔を出して、
活動していく方が、
人生における期待値はプラスのように思う。

ネットの世界に嫌気が差し、
リアルの世界に戻ったところで同じことの繰り返し。

リアルの世界にはてんこみが望む世界というのは存在せず、
てんこみが望むような成果が得られる可能性も非常に低い。