さてさて、
こうやって定時配信が無くなり、
結婚・妊娠まで完全に秒読みになったうきょちのことばかり書くのもどうかと思うが、
定時配信が無くなってからの方が、
断然うきょちに興味が湧いているのもまた事実である。

もはやリスナーにとっては信頼関係なんて一切無い、
うきょちの言葉を信じるならば、

とのことらしいが、
そもそも定時配信が最大の魅力であったうきょち及びうきょちゃんねるが、
定時配信抜きになり、
かつてのような勢いを取り戻すことは非常に難しいだろう。
(というか不可能。)

スポンサーリンク

失ったものはあまりにも大きい

うきょちは軽く考えているのかもしれないが、
今回のうきょちの彼氏発覚から実は彼氏は古参リスナーだった、
そして数回しか会っていないはずなのに同棲までの一連の流れで、
うきょちが失ったものはあまりにも大きい。

そもそも、
今までうきょちの度重なる不祥事に耐え、
(加川事件・チャンネル取得事件など。)
厳選に厳選を重ねた囲いしか残っていなかったうきょちゃんねるであったが、
今回のこの騒動で、
更に多くの囲いを失うこととなった。

せっかくゲーム実況者として、
他の人物と比べて明らかに集客力があり、
また人気があったのに、
また地道に6年間活動し続けていたのに、
そのすべてを自ら招いた不祥事で何度も失ううきょちの姿は、
滑稽以外の何物でもないだろう。

囲いの怒り

うきょちの5chのアンチスレも連日大きな盛り上がりを見せ、
個人スレッドでは、
他のスレにはないくらいの圧倒的勢いを見せている。
(1日で1スレッド消費するくらいの勢いである。)

これは、
元々囲いだった多くのうきょちリスナーが、
うきょちのアンチになったことが原因だと思うが、
(実際問題私の読みでは、
ツイッターなどでは囲いリプを送っているリスナーも、
うきょちに対する不満を5chにぶつけているように思う。)
今のうきょちには囲いよりもアンチの方が圧倒的に多いのだろう。

また、
うきょちお得意のツイッターで囲いとレスバ(レスバトル)もしているようだが、
うきょちのチャンネルに入り、
またFF14などのゲームも一緒にやり、
無償で絵を書いてくれている絵師の言葉でさえうきょちの耳には届かないとなると、

おそらくだが、
今後誰が何を言おうとも、
うきょちの耳に届くことは無いのだろう。

配信者なんて愛されてなんぼ

趣味でやっている配信者ならばいざしらず、
配信でお金を得ていたり、
ましてや配信を仕事にしているような人間ならばなおさらそうだが、
配信者なんて愛されて囲われてなんぼだ。

配信者もテレビタレントと同じように、
人気が金になる仕事である。

自分そのものを商品にしているのだから、
何よりもその自分というブランドを大事にしなければならないのに、
誰よりも自身のイメージを大事にしなければならないうきょち自らが、
そのブランドの価値を下げにいっていることは、
マジで草が生える。
(いや正直な話草も生えないが。)

無論、
人間であるし、
誰にでも失敗はある。

失敗しない人間なんてこの世には存在しないと思っているが、
それでも過去の過ちを反省せずに
同じ過ちを犯し続けるうきょちのことを、
もうこれ以上応援する気にはなれないと思うのは、
決して私だけの感情では無いだろう。

特に、
うきょちゃんねるの会員であり、
またうきょちに無償で絵を提供してくれていた、
絵師とのレスバトルだけはマジでいただけない。

そもそも、
ツイッターをしていてうきょちに絡んでいる人間なんて、
捨て垢でもない限り基本うきょちの囲いのはずなのに、
その囲いの言葉を切り捨てて、

この発言だけはねーよ、
マジで。

会員であり、
絵師であるにゃんこは、
5chにいるような匿名で好き勝手書きまくるアンチとは違うことを、
うきょちはわかっているのだろうか?

この発言だけはマジでねーよ。

うきょちの現在の立ち位置

うきょちに今さら危機感を持てと言ったところで、
もう無駄だし無理なことだと思うが、
今の時代は数年前とは勝手が異なり、
スマートフォンの猛烈な普及とともに、
一気にインターネットの世界も進化をとげ、
配信の世界でも、
優秀な人材がどんどんと出てきている。

同じ女性配信者ならば、
例えばYouTubeをメインに活動を行う、
ゆうなチャンネルなどは、
ゲーム実況だけでなく実写動画などにも力を入れ始め、

あれよあれよの間に、
一気にチャンネル登録者は12万人を超えている。

元ニコ生主で、
かつてはうきょちと同じように人気を誇っていた、
ちーめろパイセンこと、
ちーめろでぃ、
現因幡はねるは、
最近のつべライブで同時集客20000人を叩き出し、
つべでは囲われまくっている。

この動画のコメント欄を見て、
うきょちは一体何を思うのだろうか。

色んな人生があるけれど自分は因幡はねるを知れる人生で良かった。

心に響きました・・。この先も辛いことや悲しい事はたくさんあるだろうけど一人で抱え込まず、無理せず頑張ってください。

因幡はねるがNO1

実際問題、
ちーめろはそもそも事務所(あにまーれ)に所属しているので、
単純にうきょちとの比較をすることは出来ないが、
ちーめろはマジでほぼ毎日配信し、
(それも昼夜の二部配信をしていることが多い。)
配信に命を、
そして人生をかけていることは容易にわかる。

そんなちーめろだから、
リスナーに愛され、
多くの囲いが出来て、

色んな人生があるけれど自分は因幡はねるを知れる人生で良かった。

と言われるまでの配信者になったのだろう。

では、
かたやうきょちはどうか。

そもそも配信者にとっては命である、
インターネット回線の工事すら、
一向に終わらない。

それどころか、
配信なんて、
その気になればスマホからでも出来るはずなのに、
一切配信なんてする気も無く、
ツイッターの更新や、
ブロマガの更新も、
申し訳程度のものである。

と思えば、
本気でうきょちのことを考えてくれているであろう、
囲いの言葉にさえも、

はっきりあなたと話したくないですって言われないとやめないの?

との言い草である。

これで、
うきょちのことを好きでいろ、
囲いで居続けろというのは、
明らかに無理な話だろう。

終わりに

加川事件に耐え、
チャンネル取得事件に耐えた、
5chでは、
”  成熟されたリスナー ”
と揶揄された囲いリスナーでさえ、
多くのリスナーがうきょちの元から離れようとしている。

今まで離れた多くのリスナーと同様に、
私もついに、
うきょちから卒業する時が来たようである。

PK サヨナラ