あなたは普段、
インターネットで検索をしていて、
ネットの情報ってゴミが多いなぁ、
このように思うことは無いだろうか?

私個人的な話をすれば、
インターネットに転がっている無料の情報の99.9%はゴミだと思っており、
残り0.1%の情報に、
非常に価値がある情報があると思っているが、
今回は私が思う、
インターネット上にゴミ記事(サイト)が溢れる理由について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

googleの検索エンジンがゴミだから

まず初めに、
googleの検索エンジンがゴミだから

非常にシンプルな理由で、
googleの検索エンジンがゴミなので、
価値のある優良な情報を、
googleが探すことが出来ないのである。

というか、
もっと正確に言えば、
この先に話をする、
googleの検索エンジンを悪用しようとする人間が多いから、
googleの検索画面結果が、
そのようなゴミに埋もれた検索結果になるのだけど、
とにかくgoogleが私たちが検索したキーワードに対して、
正しい答えを返してくれるのであれば、
ゴミの情報も少ないように思うが、
悲しいことに現状、
googleの検索エンジンはゴミなので、
私たちが検索する検索結果画面もゴミばかりになってしまうということである。

googleの検索エンジンがネタ抜きで無能(ゴミ)過ぎてヤバい

googleの検索エンジンを悪用しようとする人間が多いから

次に、
googleの検索エンジンを悪用しようとする人間が多いから

スマートフォンの猛烈な普及に伴い、
今までインターネットに触れることの少なかった人間も多くネットに触れるようになり、
多くの人間がインターネットに気軽に触れれるようになったからこそ、
そこには多くのお金が動くようになった。

人が多く集まる場所には、
当然お金儲けを企む輩も多く集まり、
具体的には企業などの営利団体であるが、
多くの企業が、
お金と費用をかけて、
ゴミのようなサイトを作成したせいで、
検索結果にはゴミが溢れる結果となった。

ほぼすべての企業が存在する理由は、
営利目的であり、
つまり金儲けである。

ネットにゴミを大量に落とし続ける金の亡者達は、
サイトに訪れる人たちのことは一切考えたりはしない。

ただ、
自身のサイトが
多くの人に目に留まり
そこから発生する広告収入が多く貰えればそれだけでいいのである。

だから、
googleのSEOのみを攻略するサイトを作成し、
大量のゴミ記事を入れる、
ゴミサイトが完成するのである。

ちなみだが、
私たちが普段目にするほとんどすべてのサイトは、
個人が運営していそうなサイトも含めて、
ほぼすべてが企業が作成しているサイトである。

つまりほぼすべてのサイトは、
ゴミサイトになるということである。

サイト作成者(アフィリエイター)がゴミだから

最後に、
サイト作成者(アフィリエイター)がゴミだから

営利目的のサイトを作成する人間を、
アフィリエイターと呼ぶが、
このアフィリエイターが全員ゴミ(クズ)である。

少し古い話題になってしまったが、
DeNAが運営していた、
ウェルクという医療サイトが問題になったことを覚えているだろうか。

あのウェルクなんて、
本当に氷山の一角で、
ほぼすべての営利サイト(アフィリエイトサイト)は、
ウェルクまではいかなくとも
ウェルクに近い手法でサイトを強引に上位表示させている

参照:DeNAの「WELQ」はどうやって問題記事を大量生産したか 現役社員、ライターが組織的関与を証言

現役アフィリエイターがWELQのSEOが強い理由を解説しよう

ウェルクがやっていたことと言えば、
外注ライターに物凄く安い単価で、
記事の盗用や画像の盗用などなんでもありの、
googleのSEOのみを目的としたゴミ記事を大量に作成し、
googleの検索エンジンを騙し、
大量の記事から広告収入を得ていたことであるが、
これは何もウェルクに限った話では無く、
大手の企業や会社でアフィリエイトをメインにしている法人団体であれば
どこの会社もやっていることだ。

それが公になっていない(バレていない・炎上していない)だけの話である。

終わりに

もっと細かく話せば色々とあるのだけど、
悲しいことに現状存在する99.9%の
インターネット上に転がっている無料の情報は、
ゴミである。

そしてなぜそんなゴミサイト(記事)が、
googleの検索画面の多くを占めるのかと言えば、
googleのSEOアルゴリズムを悪用し、
サイト訪問者のことなんて一切考えず、
ただサイトを上位表示させることだけを考えて、
企業が営利目的で、
多額の資金を投入し、
サイトを作成しているからだ。

また、
googleの検索エンジンもゴミだからだ。

そのように、
外部も内部もガッチリとSEOで固められた企業サイトを、
一個人サイトがSEOの力で抜くことは難しく(というか不可能)、
なのでそのようなゴミサイト(記事)が、
インターネットに多く占めるようになっているのである。

確かに、
私もそれこそ考えられない検索回数を今までgoogleを通して行ってきたが、
無料にも関わらず、
非常に価値の高い情報がネットに転がっているのは事実である。

しかしながら、
それ以上にインターネット上にはゴミが大量にちりばめられており
そのゴミがgoogleのSEOのアルゴリズム上
上位表示されているのが現実なのである。

googleの検索エンジンのアルゴリズムが劇的な進化を遂げて、
ゴミ(企業)サイトのゴミ記事が、
このウェブ上から消え去ってくれることを、
私は心の底から望んでいる。