人気女性配信者である、
ニコ生主のかなたが、
ついにニコ生でユーザーチャンネルを取得したようである。

元も子も無いことを言ってしまえば、
かなたがユーザーチャンネルを取得しようがしまいが、
私には一切関係の無い話ではあるが、
そうも言ってられないので、
せっかくなので思うところについて、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

遅すぎた シンプルに

これも多くのかなたを見ているリスナーが思うところだと思うが、
やはり私も思うので話をする。

シンプルに遅すぎだろ。

配信で金を稼がない、
というあまりにも幼稚でくだらないプライドのせいで、
女性配信者として、
ある意味最大の武器になる年齢が若い時期を悪戯に過ごし、
せっかく配信者として猛烈に稼げたであろう若い期間をミスミス逃していたかなた。

ただ、
遅すぎたとは言っても、
それでもチャンネルを取得したことや、
配信で金を稼いでいく方向にシフトチェンジ出来たことは、
今でも十分すぎる程配信者として人気があるかなたにとって、
英断であると言えるだろう。

ただ、
後数年早ければ、
今よりもさらに需要があったことを思うと、
もったいないと思うリスナーは私だけでは無いだろう。

金にならないリスナーはどうでもいい

かなたが、
配信業として配信で飯を食っていくつもりがあるのなら、
金にならないリスナーなんて切り捨てていい。

プロの配信者として、
今後生きていくつもりなら、
金にならないようなめんどくさいリスナーはガンガン損切りするべきなのだ。

プロの配信者になった以上、
金にならない人気なんて一切必要ない。

というかそもそもだけど、
かなたがふわっちのような配信サイトで直接、
リスナーからガンガン金を巻き上げるスタイルの配信者になるのならまだしも、
たった月額540円のユーザーチャンネルを開設し、
別にチャンネル会員になれなくても十分配信は楽しめるのに、
チャンネルを開設しただけで去るリスナーなんて、
元から囲いリスナーでは無い。

真の囲いリスナーとは、
配信者がいかなる道に進もうが
ついてきてくれるリスナーのことなのである。

配信業に転身した以上、
自分に金を落としてくれるリスナー、
そして自分を応援してくれるリスナーだけを大事にしていけばいい。

叩く人間は、
かなたが何をしようが叩くのだから。

終わりに

社会不適合者のかなたが、
訳の分からないプライドを持って社会に出ずに、
需要のある配信の世界で飯を食っていく決意をしたことは、
配信業界にとっても、
そして世間にとっても、
共にWinWINだったように思う。

願わくば、
このままリアルの世界に出戻りすることなく
社会の迷惑にならないように
配信の世界でこのまま生き抜いてほしいと私は思っている