アルバイトの面接を何度か受けていると、
アルバイトの面接に落ちることもあるだろう。

アルバイトの面接に落ちるということは、
実際問題それなりにショックを受けることが多いと思うが、
(少なくとも私は面接に落ちればショックを受ける。)
アルバイトの面接に落ちたからと言って
過度に落ち込む必要は無い

スポンサーリンク

理由

その理由として、
そもそもアルバイトの面接に落ちる理由は、
あなたにだけ原因があるとは限らないからである。

勿論、
例えば必要最低限のことをせずに、
アルバイトの面接に落ちれば、
それはあなたに非がある可能性が高い。

例えば、

・面接に遅刻する(遅刻の連絡も入れない。)
・履歴書が必要なアルバイトなのであれば履歴書を真面目に書かない
・明らかに見た目が悪い(度が過ぎるくらいに髪を染めているなど。)

などであれば、
あなたが原因である可能性が高いが、
(髪の毛に関してはアルバイト先にもよるだろうが。)
そうではなく、
あなたがアルバイトの面接に落ちるのには、
アルバイトを雇用する会社側にも原因があることも多い。

例えば、

・すでに募集の人数に達成しておりこれ以上新規でアルバイトを雇う必要が無い
・求めている人材とあなたが違う(あなたは男性なのに女性を求めている、あなたは30代男性なのに、学生のアルバイトを求めている、など。)
・あなたとアルバイトを雇用する側の会社との相性が悪い(例えばあなたは接客系の仕事は得意ではなくどちらかといえば力仕事の方が得意なのに、あなたは接客系のアルバイトの求人を応募している。)

などであるが、
上記のことはあなた自身の力でどうすることも出来ず、
(一番上のすでに募集の人数を達成しているに関して言えば、
募集が出てから早く応募すれば対処は出来るが。)
あなたの力ではどうすることも出来ないのである。

アルバイトの面接に限った話では無いが、
この世の中にはあなたがいくら努力しようが
どうすることも出来ないことは存在するので、
仮にうまくいかないことがあったとしても、
過度に気にしないことも重要である。

終わりに

私自身もアルバイトの面接に落ちたことは何度もあるし、
多くのアルバイトの面接を経験している人で、
面接に落ちたことが無い人は存在しないように思う。

特にアルバイトの場合、
求められる能力がそこまで高くないことが多く、
普通にしていれば受かる可能性は高いので、
もしあなたがアルバイトの面接に落ちたのであれば
すぐ切り替えることは難しいかもしれないが、
切り替えて他のアルバイトの面接を受けてみることがおすすめである。

あなたを求めているアルバイトの求人は、
必ず存在するからである。

アルバイトの面接に落ちた際は、
その会社とは縁が無かったと諦めることも、
以外に重要だと思う。

長期アルバイトを探すならバイトルがおすすめ

短期アルバイトを探すならショットワークスがおすすめ