私は学生時代、
大学には全く真面目に行ってはいなかったが、
唯一ゼミだけはかなり真面目に取り組んでいたと思っている。

そのような経験からか、
学生はゼミを頑張ることは、
かなりメリットが大きいと思っているのだけど、
特にゼミに所属したことが無い2回生などは、
(多くの大学ではゼミは3回生から始まるため。)
何を基準にゼミを選べばいいかわからないように思う。

そこで今回は、
あくまで個人的に思うことだが、
ゼミを選ぶ際の基準について、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

ゼミの教授が信頼・尊敬出来るかどうか

まず初めに、
ゼミの教授が信頼・尊敬出来るかどうか

ゼミというのは、
その教授と過ごす時間が非常に長くなり、
また研究する内容も教授の専門分野になることが多いため、
あなたが所属しようとしているゼミの教授が信頼・尊敬出来るかどうかというのは、
非常に重要になってくる。

これは、
中学や高校の授業などでも同様で、
例えば担当の先生が、
少しでも尊敬出来る部分があれば、
その分野の勉強が好きになったり、
成績が伸びることがあるように、
(例えばあなたが学校の英語の先生が好きであれば、
英語の勉強が好きになったり、
英語の成績が伸びた経験は無いだろうか?)
少しでも尊敬出来る部分がある教授の方が、
せっかく大学生活の2年間を共にするのだから、
絶対にいい。

また、
自分が尊敬出来る教授の方が、
素直にいろいろなことを吸収できるものである。
(そもそも自分が尊敬出来ない教授相手の場合、
いくらその教授が正しいことを言っていたとしても、
心理的にそのことを受け入れがたいこともある。)

ゼミの教授の分野に少しでも興味・関心が持てるかどうか

次に、
ゼミの教授の分野に少しでも興味・関心が持てるかどうか

このことは、
そこまで重要ではないかもしれないが、
少しでもあなたが入ろうとしているゼミの教授の分野に、
興味・関心が持てるかどうかも重要である。

全く興味・関心が持てない分野であれば、
そのゼミで勉強したり、
何か作業したりすること自体苦になる可能性も高いからである。

しかし、
そもそもゼミはあなたの所属している学部から選ぶため、
むちゃくちゃ関心が無いという可能性は非常に低いと思うが。

ゼミの倍率がむちゃくちゃ高くないか

最後に、
ゼミの倍率がむちゃくちゃ高くないか

例えばあなたが所属しようとしているゼミの倍率が、
2倍以上ある場合、
それなりの確率であなたはそのゼミに落ちる可能性が高くなる。

倍率が2倍くらいなら、
あなたが色んな意味で優秀であれば受かる可能性もそれなりにあると思うが、
あなたが倍率が高いゼミに受かる自信が無いのであれば、
倍率が高いゼミは避けた方が無難だろう。

もしあなたが希望するゼミに落ちてしまった場合、
全く希望しないゼミに所属することになってしまうからである。

特に倍率が3倍以上あるゼミは、
あなたが自分に余程自信が無い限りは、
(そのゼミに所属できる確信が無い限りは)
避けた方が無難だろう。

終わりに

個人的には、
ゼミ選びで最も重要だと思うことは、
あなたが所属しようとしているゼミの教授を、
あなたが尊敬出来たり、
信頼出来るかが重要なのように思う。

そこさえしっかりと押さえることが出来れば、
それなりにゼミ選びは成功のように思う。

逆にあなたがゼミの教授のことを何とも思っていない、
少しも信頼出来ない、
尊敬出来ないのであれば、
いくら楽と言われていたり、
評判のいいゼミでも、
所属するのは避けた方が無難と言えるだろう。